アラート

アラートの作成

アラートを定義する最も簡単な方法は、[アラート ウィザード] を使用することです。このウィザードは、[ツール] メニューから呼び出すことができます。また、[アラート] ダイアログでもアラートを作成および管理できます。このダイアログは、[ツール] メニューから開くことができます。アラートは、QlikView ドキュメントの一部として保存されます。アラートは、Windows バージョンの QlikView からのみ作成・トリガー作成できます (AJAX クライアントからはできません)。

アラートの使用

QlikView アラート チェックは、次の 3 つの異なる方法でトリガーできます。

  1. ドキュメントのデータが変更されている可能性がある場合 (ドキュメントが開いている場合、スクリプトが実行された場合、またはデータの削除操作が実行された場合など)、QlikView レイアウトで自動的にトリガーされます。
  2. 特別なオートメーション API を使用してマクロから手動でトリガーできます。詳細については、『QlikView API ガイド』を参照してください。
  3. QlikView をバッチ モードで実行する外部プログラムに、発生したアラートのリストを指定されたコンテキストから取得するための特別なオートメーション API がある場合にトリガーできます。

アラート チェックのトリガーの後に続くイベントの連鎖は、次のように表すことができます。

アラートが発生した後に変更が発生するまでアラートを一時停止できます。たとえば、ドキュメントを開くたびに予算目標を達成したことを知らされることがわずらわしいことがあります。その場合は、アラートを一度だけ発生させ、翌月まで一時停止するように設定できます。

フローチャートで示すように、アラートの各トリガーにより、QlikView ドキュメントで論理操作の連鎖が開始されます。通常、QlikView は次の主要な手順を実行する必要があります。

  1. アラートに関連する選択を適用する。
  2. 条件式の値を計算する。
  3. 元の選択を復元する。

アクション 1 と 3 の実行に必要なそれぞれの時間は、選択が対話型で適用された場合の通常の "クリック時間" と等しくなります。手順 2 に必要な時間は、数式がシート オブジェクト内などにあった場合と同じです。合計すると、アラートのチェックに必要な時間は、大きなドキュメントではかなりの時間になります。これは、ファイルのオープンやリロードでトリガーされる単一のアラートではあまり問題ではありませんが、マクロからトリガーされる大量のアラートを使用している場合は、ドキュメントの機能が低下しないように注意する必要があります。

[アラート] ダイアログで、すべての QlikView アラートを作成および管理できます。