疎結合テーブルの意図的な作成

いくつかの特別な状況では、一部のデータを通常のQlikViewロジックから切断した方がよいかもしれません。疎結合テーブルを使用すると、ひとつの項目の選択を制限してテーブル内の他の項目に伝達することができます。

テーブルを疎結合になるよう設定するには、[ドキュメント プロパティ] ダイアログを開いて [テーブル] タブを選択します。

この章には、疎結合テーブルで QlikViewロジックがどのように変わるかという例が含まれています。

次の 3 つのテーブル ボックスは、それぞれ QlikViewに読み取られるテーブルを表しています。

項目Bの値2を選択した場合は、次のようになります。

選択はすべてのテーブルに伝わり、関連のない値は除外されます。

ここでこの選択のまま、Table2を疎結合にしてみます。つまり、ロジックは、Table2の項目 A と C の間で切断されます。結果は次のようになります。

ここでTable2は、テーブル ボックスであり、テーブルそのものではないことに注意してください。テーブル ボックスには、テーブルの各列の各項目間のすべての可能な組み合わせが表示されます。項目AとCの間にロジックが存在しないので、それぞれの絞込値のすべての組み合わせが表示されます。

例:  

以下の3つのテーブルは典型的な構造です。1つのトランザクション テーブルと2つの軸テーブルがあり、それぞれが 1 つの項目で関連付けられています。

 

ピボット テーブルを使うと、毎年の売上と製品グループを視覚化できます。ピボット テーブルの隣にある 2 つのリスト ボックスには軸項目が含まれています。

これは正確なピボット テーブルですが、QlikViewロジックの効果により、望ましくない結果になる可能性があります。2012 年を選択すると、以下の結果を得られます。

製品グループ Z はピボット テーブルでは非表示になります。項目ProdGrpの値 Z は、項目 Year の値 2012 を選択したことによって除外されているので、これは当然のことです。しかし、2012 年の売上を分析する際は、製品グループ Z が存在し、2012 年に売れなかったことを明らかにするために、チャートの sum(Amount)列に Z を 0 で表示するとよいでしょう。

2 つの項目 YearProdGrp がお互いに関係なく、Trans テーブルを介して関連付けられているだけなので連携しないことを示すことができます。これは、Transテーブルを疎結合として宣言し、ピボット テーブルのレイアウトを変更することによって対処できます。

Year リスト ボックスの選択は、ProdGrpリスト ボックスのいかなる値にも影響しないことに注目してください。

注: [0 値を隠す] が、[チャート プロパティ] ダイアログの [プレゼンテーション] タブにある軸向けに選択されていないことを確認してください。