テーブル ビューアー

[テーブル ビューアー] ダイアログは、[ファイル] メニューから [テーブル ビューアー] を選択するか、CTRL+T を押すと開きます。

このダイアログは、現在の QlikView ドキュメントのデータ テーブル構造を表示するために使用します。テーブルはボックスとして表示され、ボックス内には、テーブルに含まれる項目のリストが表示されます。ボックス間のコネクタ線は関連を表します。3 つ以上の線が交わる場合は、小さな点の形式で接続ポイントが置かれます。

テーブル、コネクタ ポイント、およびコネクタが折れ曲がるすべての点を、マウスのドラッグ アンド ドロップで移動できます (以下を参照)。レイアウトをこのように再配置した場合、[キャンセル] でダイアログを終了しない限り、変更内容はドキュメントと共に保存されます。

ビューには、2 つ種類があります。それぞれのレイアウトは個別に保存されます。2 つのビューは次のとおりです。

  • 内部テーブル ビュー がデフォルトのビューです。QlikView が保存するデータ テーブルを表示します。複数の項目を共有するテーブルでは、複合合成キーが作成されます。合成テーブルは、テーブルのリンクに使用されます。このビューは、QlikView ロジックの理解に最適です。また、テーブルの各ペアがテーブル間に最大で 1 つのコネクタを持つ場合に明確なレイアウトを示すこともできます。

  • [ソース テーブル ビュー] は、QlikView が読み取るデータ テーブルを表示します。ここには合成項目や合成テーブルはありません。複合キーは、テーブル間の複数のコネクタで表されます。

カーソルをテーブル内の項目のいずれかの上に置くと、この項目の内容に関する情報のツール ヒントがポップアップで表示されます。

  • 情報密度は、テーブルのレコード総数に対する、この項目内で値を持つ (NULL でない) レコードの数の割合です。

  • サブセット割合は、この項目のユニーク値の合計数 (他のテーブルも) に対する、このテーブル内で検出されたこの項目のユニーク値の数の割合です。
  • テーブルのコメント がツール ヒントに表示されます。
  • 項目のコメントがツール ヒントに表示されます。
  • ロード スクリプトや ドキュメント プロパティ:テーブル ページで追加された タグ (システム タグを含む) がツール ヒントに表示されます。