スクリプトでの引用符の使用

さまざまな方法により、スクリプト ステートメントで引用符を使用することができます。

LOADステートメントの内側での使用

LOADステートメントでは、引用符として次の記号を使用する必要があります。

  説明 シンボル コード ポイント

項目名

二重引用符

" " 34 "string"
  角括弧 [ ] 91、93 [string]
  アクサン グラーブ ` ` 96 `string`

文字列リテラル

単一引用符

' '

39 'string'

SELECTステートメントの場合

ODBCドライバによって解釈されるSELECT ステートメントでは、引用符の使用方法は多少異なる場合があります。通常、項目名やテーブル名にはストレート二重引用符 (Alt + 0034)を使用し、リテラルにはストレート単一引用符(Alt + 0039) を使用して、アクサン グラーブ の使用は避けるようにします。ただし、一部のODBCドライバでは、アクサン グラーブを引用符として使用できるだけでなく、むしろ優先するものもあります。このような場合、生成される SELECTステートメントには、アクサン グラーブの引用符が含まれます。

Microsoft Accessでの使用例

Microsoft Access ODBC Driver 3.4(Microsoft Access 7.0 に含まれる) では、SELECT ステートメントを分析する際に以下の引用符を使用できます。

項目名およびテーブル名:

[ ]

" " ` `

文字列リテラル:

' '

データベースによっては、異なる規則が適用される場合があります。

LOADステートメントの外側での使用

LOADステートメントの外側で、QlikView が数式を予測する場所では、二重引用符は項目参照ではなく変数参照を意味します。二重引用符を使用すると、囲まれた文字列は変数として解釈され、変数の値が使用されます。

コンテキスト外の項目参照およびテーブル参照

一部のスクリプト関数は、作成済みの項目あるいは LOADステートメントのアウトプットに含まれる項目を参照します ( Exists()Peek() など)。LOADステートメントの入力テーブルのような、コンテキスト内の項目を参照するソース項目参照に対して、これらの項目参照はコンテキスト外項目参照と呼ばれます。

コンテキスト外項目参照およびテーブル参照は、リテラルと見なす必要があるため、単一引用符が必要となります。

名前とリテラルの違い

次の数式を比較すると、名前とリテラルの違いがよりはっきりします。

例:  

'Sweden' as Country

この数式が LOADステートメントまたは SELECT ステートメントの項目リストの一部として使用された場合、QlikView の項目 "Country" には、テキスト文字列 Sweden が項目値としてロードされます。

例:  

"land" as Country

この数式が LOADステートメントまたは SELECT ステートメントの項目リストの一部として使用された場合、QlikView の項目 "Country" には、"land" という名前のデータベース項目またはテーブル列のコンテンツが項目値としてロードされます。つまり、landは項目参照として扱われます。

数値と文字列リテラルの違い

次の数式を比較すると、数値と文字列リテラルの違いがよりはっきりします。

例:  

'12/31/96'

この文字列が数式の一部として使用された場合、まずテキスト文字列 "12/31/96" として解釈され、次に日付形式が 'MM/DD/YY' の場合には日付として解釈されます。この場合、数値表現とテキスト表現の両方を持つデュアル値として保存されます。

例:  

12/31/96

この文字列が数式の一部として使用された場合、12÷ 31 ÷ 96 と数値的に解釈されます。

文字列での単一引用符文字の使用

単一引用符文字を文字列に含める必要がある場合、追加の単一引用符をエスケープ文字として使用できます。

例:  

文字列 '10 O''clock News'は 10 O'clock News に変換されます。