スクリプト式

数式は、LOADステートメントとSELECT ステートメントの両方で使用できます。ここで説明する構文と関数が適用されるのは、LOADステートメントで、SELECT ステートメントではありません。これは、Select ステートメントがQlikView ではなくODBC ドライバによって解釈されるためです。ただし、ほとんどの ODBCドライバは、以下で説明する多くの関数を解釈できます。

数式は関数、項目、演算子を構文で組み合わせたものです。

QlikViewスクリプト内のすべての数式は、数値と文字列のいずれか適切なものを返します。論理関数と演算子は、Falseの場合は 0、True の場合は -1 を返します。数値から文字列、文字列から数値への変換は、黙示的に行われます。論理演算子と関数は、0 を False、それ以外のすべてを True と解釈します。

数式の一般的な構文は、次のとおりです。

expression ::= (constant constant |
  fieldref |
  operator1 expression |
  expression operator2 expression |
  function |
  ( expression ) )

ここで

constantは、ストレート単一引用符で囲まれた文字列 (テキスト、日付、時刻) または数値です。3 桁区切りの記号は使用せず、小数点に 10 進小数点として記述します。

fieldrefは、ロードされるテーブルの項目名です。

operator1は、右側にある 1 つの数式に対して作用する単項演算子です。

operator2は、両側にある 2 つの数式に対して作用する二項演算子です。

function ::= functionname( parameters)

parameters ::= expression { , expression }

パラメータの数と型は任意ではなく、使用する関数によって異なります。

数式と関数は自由にネストでき、解釈可能な値を数式が返す限り、QlikViewはエラー メッセージを表示しません。