数式における NULL値の伝達

NULL値は、いくつかの論理的および妥当な規則に基づいて、数式を介して伝達されます。

関数

一般的な規則としては、関数が定義されている範囲からパラメータが外れると、関数は NULLを返します。

例:  

asin(2)

の戻り値:

NULL

log(-5)

の戻り値:

NULL

round(A,0)

の戻り値:

NULL

上記の結果として、評価で必要なパラメータのいずれかが NULLの場合、関数は原則として NULL を返します。

例:  

sin(NULL)

の戻り値:

NULL

chr(NULL)

の戻り値:

NULL

if(NULL, A, B)

の戻り値:

B

if(True, NULL, A)

の戻り値:

NULL

if(True, A, NULL)

の戻り値:

A

2 番目の規則の例外として、型をテストするための論理関数があります。

例:  

isnull(NULL)

の戻り値:

True (-1)

isnum(NULL)

の戻り値:

False (0)

算術および文字列演算子

これらの演算子のいずれかの側に NULLが発生した場合は、NULL が返されます。

例:  

A

+

NULL

の戻り値:

NULL

A

-

NULL

の戻り値:

NULL

A

/

NULL

の戻り値:

NULL

A

*

NULL

の戻り値:

NULL

NULL

/

A

の戻り値:

NULL

0

/

NULL

の戻り値:

NULL

0

*

NULL

の戻り値:

NULL

A

&

NULL

の戻り値:

A

関係演算子

関係演算子のいずれかの側に NULLが発生した場合は、特別な規則が適用されます。

例:  

NULL

rel.op

NULL

の戻り値:

NULL

A

<>

NULL

の戻り値:

True (-1)

A

<

NULL

の戻り値:

False (0)

A

<=

NULL

の戻り値:

False (0)

A

=

NULL

の戻り値:

False (0)

A

>=

NULL

の戻り値:

False (0)

A

>

NULL

の戻り値:

False (0)