パラメータを使用したドル記号展開

ドル記号展開ではパラメータを使用できます。変数には、$1$2$3 などの仮パラメータが含まれている必要があります。変数を展開すると、パラメータはコンマで区切られたリストに記述されます。

例:  

Set MUL=’$1*$2’;

Set X=$(MUL(3,7)); //X で '3*7' を返します。

Let X=$(MUL(3,7)); //X21 を返します。

仮パラメータの数が実パラメータの数より多い場合は、実パラメータに対応する仮パラメータだけが展開されます。実パラメータの数が仮パラメータの数より多い場合は、余分な実パラメータが無視されます。

例:  

Set MUL=’$1*$2’;

Set X=$(MUL); //X で '$1*$2' を返します。

Set X=$(MUL(10)); //X で '10*$2' を返します。

Let X=$(MUL(5,7,8)); //X35 を返します。

パラメータ $0は、呼び出しで実際に渡されるパラメータの数を返します。

例:  

set MUL='$1*$2 $0 par'; 

set X=$(MUL(3,7)); //X で '3*7 2 par' を返します。