Mid - スクリプトおよびチャート関数

Mid()は入力文字列の部分について、2 番目の引数 'start' で定義された文字の場所で開始し、3 番目の引数 'count' で指定された文字数分を返します。'count' が省略されていると、入力文字列の残りすべてを返します。入力文字列の先頭が 1 になります。

構文:  

Mid(text, start[, count])

戻り値のデータ型: 文字列

引数:  

引数 説明
text 元の文字列。
start textに含まれる最初の文字の位置を定義する整数。
count 出力文字列の文字列長を定義します。省略されている場合は、startで定義された位置からのすべての文字が含まれます。