Concat - スクリプト関数

Concat()は、文字列値を組み合わせるために使用します。このスクリプト関数は、group by句で定義されたレコードで反復処理される数式の値をすべて集計した文字列連結を返します。

構文:  

Concat ([ distinct ] string [, delimiter [, sort-weight]])

戻り値のデータ型: 文字列

引数:  

処理される文字列が含まれている数式および項目。

引数 説明
string

処理される文字列が含まれている数式および項目。

delimiter 各値は、delimiterの文字列によって区切られます。
sort-weight

連結の順序は、軸 sort-weightの値によって決定されます。最小値に対応する文字列が連結の最初に表示されます。。

distinct 数式の前に distinctという用語が付いている場合、重複はすべて無視されます。

例と結果:  

ドキュメントに例のスクリプトを追加して実行します。その後、結果列に含まれている項目をドキュメントのシートに追加して結果を表示します。

結果  

TeamData:

LOAD * inline [

SalesGroup|Team|Date|Amount

East|Gamma|01/05/2013|20000

East|Gamma|02/05/2013|20000

West|Zeta|01/06/2013|19000

East|Alpha|01/07/2013|25000

East|Delta|01/08/2013|14000

West|Epsilon|01/09/2013|17000

West|Eta|01/10/2013|14000

East|Beta|01/11/2013|20000

West|Theta|01/12/2013|23000

] (delimiter is '|');

 

Concat1:

LOAD SalesGroup,Concat(Team) as TeamConcat1 Resident TeamData Group By SalesGroup;

SalesGroup

East

West

TeamConcat1

AlphaBetaDeltaGammaGamma

EpsilonEtaThetaZeta

TeamDataテーブルが前の例のようにロードされた場合:

LOAD SalesGroup,Concat(distinct Team,'-') as TeamConcat2 Resident TeamData Group By SalesGroup;

SalesGroup

East

West

TeamConcat2

Alpha-Beta-Delta-Gamma

Epsilon-Eta-Theta-Zeta

TeamDataテーブルが前の例のようにロードされた場合:

LOAD SalesGroup,Concat(distinct Team,'-',Amount) as TeamConcat2 Resident TeamData Group By SalesGroup;

sort-weight引数が追加されているので、結果は Amount 軸の値によって並べ替えられます。

SalesGroup

East

West

TeamConcat2

Delta-Beta-Gamma-Alpha

Eta-Epsilon-Zeta-Theta