NORMDIST - スクリプトおよびチャート関数

NORMDIST()は、指定された平均と標準偏差について、累積正規分布を返します。例えば、mean = 0standard_dev = 1 の場合は、標準正規分布の値が返されます。

構文:  

NORMDIST(value, mean, standard_dev)

戻り値のデータ型: 数値

引数:  

引数 説明
value 分布を評価する値。
mean 分布の算術平均を示す値です。
standard_dev 分布の標準偏差を示す正の値です。

この関数は、次のように NORMINV関数に関連します。
If prob = NORMDIST(value, m, sd), then NORMINV(prob, m, sd) = value

制限:  

すべての引数は数値でなくてはなりません。数値でない場合は NULLが返されます。