Force

forceステートメントによって、QlikView は後続の LOAD およびSELECT ステートメントの項目名と項目値を大文字のみ、小文字のみ、常に先頭を大文字化、またはそのまま (混合) として強制的に解釈します。このステートメントを使用すると、異なる表記規則に従って作成されたテーブルの項目値を関連付けられます。

構文:  

Force ( capitalization | case upper | case lower | case mixed )

 

何も指定されない場合、大文字と小文字を混在させると見なされます。force ステートメントは、新たな force ステートメントが実行されるまで有効です。

forceステートメントは、アクセス セクションでは使用できず、ロードされる項目値は大文字と小文字が区別されません。

 

結果

この例では頭文字の大文字化を強制する方法を説明します。

FORCE Capitalization;

Capitalization:

LOAD * Inline [

ab

Cd

eF

GH

];

Capitalization テーブルには次の値があります。

Ab

Cd

Ef

Gh

すべての値の頭文字が大文字化されます。

この例では大文字の使用を強制する方法を説明します。

FORCE Case Upper;

CaseUpper:

LOAD * Inline [

ab

Cd

eF

GH

];

CaseUpperテーブルには次の値があります。

AB

CD

EF

GH

すべての値が大文字になります。

この例では小文字の使用を強制する方法を説明します。

FORCE Case Lower;

CaseLower:

LOAD * Inline [

ab

Cd

eF

GH

];

CaseLowerテーブルには次の値があります。

ab

cd

ef

gh

すべての値が小文字になります。

この例では大文字と小文字の混在を強制する方法を説明します。

FORCE Case Mixed;

CaseMixed:

LOAD * Inline [

ab

Cd

eF

GH

];

CaseMixedテーブルには次の値があります。

ab

Cd

eF

GH

すべての値はスクリプトの表記と同じになります。

参照項目: