Outer

Joinプレフィックスの前に明示的に outer プレフィックスを記述すると、outer join を指定できます。outer joinでは、2 つのテーブルのすべての組み合わせが生成されます。結果テーブルには、生データ テーブルからの項目値の組み合わせのみが含まれます。連結項目値は片方または双方のテーブルに示されます。

outerキーワードはオプションで、結合プレフィックスが記述されていない場合、デフォルトの結合タイプとなります。

構文:  

Outer Join [ (tablename) ](loadstatement |selectstatement )

引数:  

引数 説明
tablename 名前が付いたテーブルが、ロード済みのテーブルと比較されます。
loadstatementまたは selectstatement ロード済みテーブルの LOADまたは SELECT ステートメントです。

例:  

Table1

 

A

B

1

aa

2

cc

3

ee

Table2

 

A

C

1

xx

4

yy

SQL SELECT * from table1;

join SQL SELECT * from table2;

OR

SQL SELECT * from table1;

outer join SQL SELECT * from table2;

結合されたテーブル

 

 

A

B

C

1

aa

xx

2

cc

-

3

ee

-

4

-

yy

参照項目: