QlikWorld 2020 グローバル会議データを最大限活用する方法を探索するために参加 今すぐ行動するすぐに登録して保存

Info

infoプレフィックスは、テキスト ファイルや画像、ビデオなどの外部情報を項目値にリンクする際に使用します。

構文:  

Info( loadstatement | selectstatement )

 

テキスト ファイルや画像、動画などの外部情報を項目値にリンクする場合は、infoプレフィックスを使用してロードしたテーブルで行います (ただし、qvw ファイルに情報を保存する場合は、bundle プレフィックスの使用が適していることもあります)。テーブルは、必ず 2 列で構成する必要があります。1 列目には情報のキーとなる項目値、2 列目には画像のファイル名などの情報要素を含めます。

これは、データベース管理システムから取得した画像などの場合も同様です。バイナリ項目 BLOB では、info selectステートメントにより黙示的に bundle を実行します。つまり、バイナリ データが直ちに取得され、qvw に保存されます。バイナリ データは SELECTステートメントの 2番目の項目でなければなりません。

例:  

Info LOAD * inline[

LinkedField, ImageFileName

QlikView, QlikViewLogo.png

];

結果:

LinkedFieldのみが項目名として目にすることができます。

画像形式のシートにテキスト オブジェクトを追加し、=Info(LinkedField) と入力すると、このテキスト オブジェクトにはイメージのファイル名が表示されます。