RangeXNPV - スクリプト関数

RangeXNPV()は、キャッシュ フロー明細表に対する正味現在価値を返します。キャッシュ フロー明細表は、定期的である必要はありません。結果は、金額のデフォルトの数値書式で返されます。一連の定期的キャッシュ フローに対する正味現在価値の計算には、RangeNPV関数を使用します。

構文:  

RangeXNPV(discount_rate, values, dates[, Expression])

戻り値のデータ型: 数値

引数:  

引数 説明
discount_rate 期間あたりの利率。
values 支払予定日の日付に対応する単一または一連のキャッシュ フローです。それぞれの値は、3 番目のオプション パラメータを持つレコード間関数によって返される、単一値または値域を表している可能性があります。一連の値は、少なくとも 1 つの正の値と 1 つの負の値を含む必要があります。
dates キャッシュ フローの支払いに対応する支払日または支払予定日です。

制限:  

テキスト値、NULL値、欠損値は無視されます。

すべての支払いは、年 365 日計算で割り引かれます。

結果

RangeXNPV(0.1, -2500,'2008-01-01',2750,'2008-09-01')

80.25 を返します

ドキュメントに例のスクリプトを追加して実行します。その後、結果列に含まれている項目をドキュメントのシートに追加して結果を表示します。

RangeTab3:

LOAD *,

recno() as RangeID,

RangeXNPV(Field1,Field2,Field3) as RangeNPV;

LOAD * INLINE [

Field1|Field2|Field3

10|5|-6000

2|NULL|7000

8|'abc'|8000

18|11|9000

5|5|9000

9|4|2000

] (delimiter is '|');

結果テーブルには、テーブルの各レコードに対する RangeXNPVの戻り値が表示されます。
RangeID RangeXNPV
1 $-49.13
2 $777.78
3 $98.77
4 $25.51
5 $250.83
6 $20.40