書式設定関数

書式設定関数は、入力数値項目または数式に表示形式を適用します。データ型に応じて、小数点記号、3 桁区切りの記号などの文字を指定できます。

この関数は、すべて文字列と数値の両方を持つデュアル値を返しますが、数値から文字列への変換を実行するものとみなすことができます。Dual()は特別なケースですが、その他の書式設定関数は入力式の数値を取得し、数値を表す文字列を生成します。

それに対して、変換関数は上記の正反対のことを行います。つまり、文字列式を取得し、それを数値として評価し、結果として返される数値の書式を指定します。

この関数は、ロードスクリプトおよびチャート式の両方で使用できます。

注: 読みやすさを考慮し、すべての数値表現で小数点に小数点記号を使用しています。

各関数のドロップダウンを使用すると、その関数の簡単な説明や構文を確認できます。詳細を表示するには、構文の説明にある関数名をクリックします。

参照項目: