項目

項目とは、QlikViewの主要なデータ伝送エンティティです。項目には通常、項目値と呼ばれる値がいくつか含まれています。データベース用語では、QlikViewによって処理されるデータは、データ ファイルから読み込まれたものであると定義されます。ファイルは複数の項目から構成されており、各データ エントリがレコードとなります。ファイル、項目、レコードという用語は、それぞれテーブル、列、行と同等です。QlikViewAQL ロジックは、項目とその項目値でのみ機能します。

項目データは、LOADまたは SELECTBinary ステートメントを介して、スクリプトにより取得されます。項目のデータを変更する唯一の方法は、スクリプトを再実行することです。ユーザーがレイアウトやオートメーションを使用して項目値を操作することはできません。QlikViewに読み込まれた項目値は、論理選択および計算目的のためにのみ、表示および使用することができます。

項目値には、数値データや英数字 (テキスト) データを含めることができます。数値は、実際にはデュアル値、つまり数値とその時点の書式設定されたテキスト表現を持ちます。シート オブジェクトなどにはテキスト表現が表示されます。

項目の内容は、リスト ボックスに表示されます。