エラー変数

エラー変数の値は、スクリプト実行後もすべて残ります。最初の変数 ErrorModeは、ユーザー入力によるもので、最後の 3 つはスクリプトのエラーに関する情報を含む QlikView からの出力です。

各関数のドロップダウンを使用すると、その関数の簡単な説明や構文を確認できます。詳細を表示するには、構文の説明にある関数名をクリックします。