wildmatch - スクリプトおよびチャート関数

wildmatch関数は、最初のパラメータとそれに続くすべてのパラメータを比較し、一致した数式の数を返します。比較する文字列にはワイルドカード文字 ( *および?) を使用できます。比較では大文字と小文字は区別されません。

構文:  

wildmatch( str, expr1 [ , expr2,...exprN ])

 

ヒント: ワイルドカードを使わずに比較する場合は、match関数またはmixmatch 関数を使用します。matchは 3 つの関数の中で最高のパフォーマンスを備えています。