新規作成ウィザード

新規作成ウィザードでは、次のステップに従ってデータのロードやチャートの作成を行い、QlikView ドキュメントを作成します。

新規作成ウィザードの起動

QlikView ドキュメントの新規作成を行うと、新規作成ウィザードが起動します。

QlikView ドキュメントの新規作成時にウィザードを表示するかどうかを、ウィザードの最初のページで設定できます。この設定は、ユーザー プロパティ ダイアログ (設定 メニューから開きます) でも行えます。

ステップ 1 - データ ソースの選択

ウィザードで取り扱えるファイルは Excel ファイルのみです。データ ファイルを 参照 します。ロードできるのは Excel ファイルの最初のシートのみのとなりますのでご注意ください。データが Excel 形式でない場合、スクリプト エディタ を使用してデータを選択する必要があります。

弊社からデータを借りて使用する必要がある場合は、データを挿入をクリックしてください。

次のステップをクリックして続行します。

ステップ 2 - データのプレゼンテーション

データを確認し、Excel シートの 1 行目を列見出しとするか、新規に入力するかを選択します。列のヘッダーは、項目名 とも呼ばれます。

データ ソースで定義されているヘッダーを使用するには、ファイルのデータを列見出しとして使用する を選択します。新規に列のヘッダーを作成する場合、列見出しを追加する を選択します。各列には、AB といった形式のヘッダーが付けられます。新しいヘッダーを入力するには、見出し (例えば、A) をクリックし、新しい見出しを入力します。ヘッダーをそのままにするには Enter をクリックします。

次のステップをクリックして続行します。

ステップ 3 - ファイルの保存

名前を付けて保存 ダイアログで、QlikView ファイルを保存するフォルダを参照し、ファイル名を入力します。

保存 ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。

ファイル パスを変更するには、名前をつけて保存 ボタンをクリックし、名前をつけて保存 ダイアログを再度開きます。

次のステップをクリックして続行し、チャートを作成します。

ステップ 4 - チャートの種類の選択

作成するチャートに対応するアイコンをクリックし、チャートの種類を選択します。QlikView で最もよく使用されるチャートの種類から選択できます。ウィザード終了後、チャートの チャート プロパティ ダイアログから、QlikView の他の種類のチャートに変更できます。

次のステップをクリックして続行します。

注: このステップで、戻るボタンは無効となります。

ステップ 5 - チャートの自動入力

ドロップダウン ボックスで軸を選択します。

軸は、チャート式の計算の対象となる値を定義します。軸は、通常、テーブル チャートでは左側、棒グラフなどでは x- 軸に表示されます。

数式

チャートの数式は、チャートの計算値を定義します。数式は、通常、テーブル チャートの右側、棒グラフなどでは y 軸に表示されます。

QlikView では、短くて単純な数式から長くて複雑な数式までさまざまな数式を作成できます。このステップでは、3 つのよく使用される数式から選択を行えます。

合計値の計算:
sum(Sales) といった項目の数値合計を表示する場合は、このオプションを選択します。次に、ドロップ ダウン リストで合計する項目を選択します。

平均値の計算:
avg(Score) といった項目の数値の平均を表示する場合は、このオプションを選択します。次に、ドロップ ダウン リストで計算する項目を選択します。

数値のカウント:
count(OrderID) といった項目で値の数を表示する場合は、このオプションを選択します。次に、ドロップ ダウン リストでカウントする値の項目を選択します。

チャートをもうひとつ作成したい場合は、2 番目のチャートを作成をクリックします。これによりステップ 4 に戻ります。

次のステップをクリックして続行します。

ステップ 6 - 選択を行うためにオブジェクトを追加

選択を行うために使用したいオブジェクトの種類を選びます。

リスト ボックス:
リストボックスを作成したい項目を選択します。このウィザードでは最高 5 つの項目を選択できますが、ドキュメントの作成後はさらに項目を追加できます。

テーブル ボックス:
このオプションでは、自動的に利用可能な項目をすべて含めて、テーブルに配置します。

作成をクリックしてウィザードを閉じ、ドキュメントを作成します。

ウィザード終了後は、[チャート プロパティ] ダイアログからいつでも軸と数式の追加や変更が可能になります。チャート プロパティを開くには、チャートを右クリックし、プロパティを選択します。