データ ソースへの接続

このダイアログは、ODBC データ ソースへの接続の作成に使用します。このダイアログは、データベースの ODBC オプションを選択している場合に、[スクリプトの編集] ダイアログの [ツール パネル][データ] ページで [接続] ボタンをクリックすると開きます。

このページでは、データ ソースを選択します。初期設定では、システム DSN のみが表示されます。すべての DSN を表示するには、ユーザー DSN の表示 チェックボックスをオンにします。

必要に応じて、データ ソースの ユーザー名パスワード を指定できます。接続のテスト ボタンを押して、接続をテストすることもできます。

最後に [OK] ボタンをクリックします。CONNECTステートメントの準備ができました。