XNPV - チャート関数

XNPV()は、チャート軸で反復処理された pmtdate の数値ペアで表されるキャッシュ フロー計算書 (不定期の場合もあります) の正味現在価値を返します。 すべての支払いは、年 365 日計算で割り引かれます。

構文:  

XNPV([TOTAL [<fld{,fld}>]] discount_rate, pmt, date)

戻り値のデータ型: 数値 結果は、金額のデフォルトの数値書式で返されます。

引数:  

引数 説明
discount_rate discount_rateは、一定期間における割引率を表しています。
pmt 支払い。dateで指定された支払日に対応する数式または項目で、キャッシュ フローが含まれます。
date pmtで指定された支払いキャッシュ フローに対応する数式または項目で、支払日が含まれます。
TOTAL

関数の引数の前に TOTALの文字が配置されている場合、現在の軸の値に関連しているものだけでなく、現在の選択範囲内にあるすべての可能な値に対して計算が実行されます。つまりチャート軸は無視されます。

TOTAL修飾子の後には、山括弧<fld> で囲んだ 1 つ以上の項目名のリストを続けることができます。これらの項目名は、チャート軸の変数のサブセットにする必要があります。

参照項目: 集計範囲の定義

制限:  

discount_ratepmt および date の内部集計に TOTAL 修飾子が含まれる場合を除き、これらに集計関数を含めることはできません。 ネストされた集計関数が必要な場合、計算軸と組み合わせて高度な集計関数 Aggrを使用します。

データ ペアのどちらか、または両方にテキスト値またはNULL値、欠損値が含まれている場合、データ ペア全体が無視されます。

例と結果:  

結果
XNPV(Discount, Payments, Date) -$3164.35

例で使用されているデータ:

Cashflow:

LOAD 2013 as Year, * inline [

Date|Discount|Payments

2013-01-01|0.1|-10000

2013-03-01|0.1|3000

2013-10-30|0.1|4200

2014-02-01|0.2|6800

] (delimiter is '|');