リスト ボックスの AND モード

項目での複数選択は、初期設定では論理和 (OR) として解釈され、項目の選択値のいずれかに関連づけられているデータが他の項目で表示されます。

ただし、リスト ボックスで AND モード を設定することが可能です。AND モードに設定されたリスト ボックスで複数選択を行うと、選択された項目値のすべてに関連するデータのみが他の項目に表示されます。

例:

顧客が異なる品物を購入したことに関する情報がデータ ソースに含まれています。

初期モードでいくつかの品物を選択すると、選択した品物を購入した顧客が QlikView に表示されます。

AND モードでいくつかの品物を選択すると、選択した品物を購入した顧客が QlikView に表示されます。

AND モードの前提条件

項目のモードは、[リスト ボックス プロパティ:基本設定] タブで設定します。

And モードがアクティブな場合は、選択値の前にアンパサンド ("&") が表示されます。

値をクリックしてしばらく保持すると、選択が (AND) 選択 (緑) から NOT 選択 (赤) に切り替わります。アンパサンドも感嘆符 ("!") に置き換わります。強制排除や強制排除のマークを持つ NOT 選択は、 And モード に設定されているリストボックスでのみ作成できます。

AND モードの基準

項目は、常に論理 AND モード に設定できるとは限りません。関連する項目が他の 1 つの項目のみにリンクされている場合に限り、AND に論理的な意味があるからです。次の条件を満たす必要があります。

  • 項目が 1 つの論理テーブルにのみ存在する
  • 項目は最大 2 項目までで、かつそのうちの 2 列目である
  • テーブルに重複するレコードがあってはならない
  • その項目のロードには distinct 修飾子を使用する。テーブルのロードに Select ステートメントを使用する場合、Load distinct * ステートメントで先行する必要があります。

AND モードでのリスト ボックスの設定

以下の手順は、初期モード (論理和 OR) の代わりに AND モードでリスト ボックスを設定する方法を説明しています。以下の手順を行ってください。

  1. AND モード基準が満たされていることを確認してください。
  2. リスト ボックスを右クリックして、[プロパティ] を選択します。
  3. [基本設定] タブで [And モード] チェックボックスをオンにします。

強制除外

強制除外 (NOT 選択と呼ばれることもあります) は AND 選択に密接に関連しています。強制除外では、明示的に項目値を除外できます。つまり、QlikView に検出される結果は、除外値に関連付けられません。

強制除外を行うには、セルをクリックして、セルが赤くなるまでマウス ボタンを押し続けます。この方法で Ctrl キーを押しながらクリックすると、前の選択/除外に対する追加要求である除外が行われます。強制除外は、AND モードの項目でのみ実行できます。

参照項目: