シート

QlikView ドキュメントには、シート オブジェクトを配置した 1 つ以上のシートを含められます。各シートには多くのシート オブジェクトを入れることができます。シートはロジックとは無関係です。2 つの項目が論理的に関連しているとして、それらは同じシートにあっても別のシートにあってもかまいません。選択を行った場合の論理的な結果は同じです。

注: 起動しているのが WebView もしくは AJAX によって、これらの設定のうちいくつかは無効となる可能性があります。

シート:[オブジェクト] メニュー

プロパティ... シートの プロパティ ダイアログを開きます。
シート オブジェクトの追加 ダイアログが開かれ、そこからシート上にシート オブジェクトをドラッグできます。
リスト ボックスの追加 [フィールド] ダイアログを開きます。このページで、現在のシートに表示する項目を選択できます。
クリア このボタンをクリックすると、QlikView ドキュメントの開始選択条件が適用されます。開始選択条件は設定できます。以下の [クリア選択状態の設定] を参照してください。
すべての選択をクリア ドキュメントのすべての選択値を選択解除します。
クリア選択状態の設定 クリア選択状態 として現在の選択条件を設定します。
クリア選択状態の解除 [クリア選択状態] に設定されている選択条件を解除します。
元に戻す QlikView は、過去の選択条件を 100 段階まで記憶します。このボタンをクリックすると、選択条件のリストを 1 つ前に戻すことができます。
やり直し [やり直し] をクリックすると、選択条件のリストを 1 つ次に進めることができます (直前の [元に戻す] コマンドを取り消すのと同じです)。
レイアウト変更を元に戻す 直前のレイアウト操作を元に戻します。
レイアウト変更のやり直し 直前に元に戻したレイアウト操作をやり直します。
選択値をすべてロックする 誤って選択がクリアされることを防ぎます。
すべてをアンロック 前述のロックを解除します。
選択 [現在の選択条件] ボックスが開かれ、アクティブな選択条件を確認できます。
シートの追加 ドキュメントに新しいシートを追加します。
シート オブジェクトの貼り付け [切り取り] または [コピー] コマンドを使用して前もってクリップボードに格納したシート オブジェクトを QlikView ドキュメント内に貼り付けます。
クイック チャート ウィザード クイック チャート ウィザード ダイアログが開かれ、棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフをごく基本的な設定で作成できます。
リポジトリ [リポジトリ] ダイアログを開きます。
ブックマークの追加 現在の一連の選択条件をブックマークとして保存します。
ブックマークの削除 ドキュメントのすべてのブックマークを表示するドロップダウン リストを開きます。ここで削除するブックマークを選択します。
ブックマークのリンクを電子メールで送信 現在のサーバー ドキュメントへの URL リンクを含む電子メールを作成します。レイアウトの状態を含む一時的なサーバー ブックマークが作成され、URL にエンコードされます。メール受信者は、ドキュメントとそのデータへのアクセス権がある場合、URL リンクを使用してサーバー ドキュメントを開き、送信者と同じ内容を確認できます。このコマンドが機能するには、電子メール クライアントが設定されている必要があります。QlikView Server は、サーバー ブックマークを許可する設定になっている必要があります。
削除 選択されているアイテムを削除します。
最新の情報に更新 QlikView ドキュメントを最新の情報に更新します。