リスト ボックス - AJAX/Webview

これは画面上で最も基本的なオブジェクトです。特定の項目のすべての絞込値のリストが含まれています。リスト ボックスでは、通常、選択を行ったり、論理的な関連や含意を確認します。

リスト ボックスには、サイクリック グループやドリルダウン グループが含まれていることもあります。ドリルダウン グループが使用されている場合は、リスト ボックスで 1 つの値を選択すると、リスト ボックスがドリルダウンしてグループ内の基底の項目に切り替わります。ドリルアップして戻るには、リスト ボックスのキャプションにあるドリルアップ アイコンをクリックします。

リスト ボックスにサイクリック グループが割り当てられている場合は、リスト ボックスのキャプションに表示されているサイクリック アイコンをクリックすると、グループ内の次の項目を表示できます。また、リスト ボックスのオブジェクト メニューの サイクリック オプションを使用して、グループ内の任意の項目に直接移動することもできます。

リスト ボックス:[オブジェクト] メニュー

シート オブジェクト上で右クリックするか、オブジェクトのキャプション (表示されている場合) で アイコンをクリックすると、コンテンツ メニューとしてオブジェクト メニューが開きます。

メニューに含まれるコマンドは、QlikView ローカル クライアントで WebView を開いているか、Web ブラウザでドキュメントにアクセスして開いているかによって異なります。メニューには以下のコマンドがあります。

プロパティ...

アクティブなシート オブジェクトの プロパティ ダイアログが開きます。

注:

現在のオブジェクトに関するノートの作成および共有ができます。

参照項目: ノートとコメント

検索 テキスト検索ボックスを開きます。
あいまい検索 テキスト検索を [あいまい検索] モードで開きます。
絞込値の選択

シート オブジェクトの除外値以外の値をすべて選択します。

除外値の選択

シート オブジェクトの除外値をすべて選択します。

すべて選択

シート オブジェクトのすべての値を選択します。

クリア

アクティブなリスト ボックスの現在の選択をすべてクリアします。オブジェクトのキャプション (表示されている場合) で アイコンをクリックしても同じ結果になります。

他項目の選択のクリア

現在アクティブなシート オブジェクトの選択を保持しながら、他のシートオブジェクトの選択をすべてクリアします。

ロック

アクティブなシート オブジェクトの選択値をロックします。(選択が行われていない場合は利用できません。)

アンロック

アクティブなシート オブジェクトのロックされた値を解除します。(選択がロックされている場合に [ロック] の代わりに表示されます。)

コピー

選択したシート オブジェクトをクリップボードにコピーします。この関数はデータや画像ではなく、シート オブジェクトのみをコピーします。

印刷

選択したシート オブジェクトを別のブラウザ ウィンドウに表形式で開きます。オブジェクトのキャプション (表示されている場合) で アイコンをクリックしても同じ結果になります。

Excel 出力

絞込値 (選択値を含む) を Microsoft Excel にエクスポートします。このとき Excel が実行していなければ自動的に起動されます。出力された値は、新しい Excel ワークシートに 1 つの列として表示されます。この機能が動作するには、コンピュータに Microsoft Excel 97 以降がインストールされている必要があります。オブジェクトのキャプション (表示されている場合) で アイコンをクリックしても同じ結果になります。

エクスポート

名前を付けて保存 ダイアログが開き、出力されたデータを保存する場所、ファイル名、ファイルの種類を指定できます。

削除

選択されたオブジェクトをシートから削除します。

リスト ボックス プロパティ

プロパティ ダイアログを開くには、オブジェクト メニューから プロパティ を選択します。 プロパティ コマンドが淡色表示されている場合、プロパティの変更を行うために必要な権限がありません。

項目 ドロップダウンで項目を選択します。
詳細については、詳細 ボタンをクリックしてください。

ソート


シート オブジェクトの値のソート順を設定します。シート オブジェクトによっては、ソートのオプションが無いものもあります。
複数のソート順が指定されている場合の優先順位は、選択状態、数式、レコード数、数値、テキスト、ロード順となります。ステートは論理状態 (選択値、連結値、または除外値) を参照します。

第 1 ソート順

Y-軸値
Y- 軸の数値に基づいて軸の値をソートするかどうかを設定します。このオプションは計算軸には使用できません。
レコード数
項目値をレコード数 (テーブル内に現れる数) でソートします。
数値
値を数値順にソートします。
テキスト
項目値をアルファベット順にソートします。
ロード順
項目値を最初のロード順でソートします。

第 2 ソート順

レコード数
項目値をレコード数 (テーブル内に現れる数) でソートします。
数値
値を数値順にソートします。
テキスト
項目値をアルファベット順にソートします。
ロード順
項目値を最初のロード順でソートします。

数式によるソート

入力された数式によって項目値をソートします。 値は、計算式として入力できます。をクリックして [数式の編集] ダイアログを開きます。

選択値を上部に配置

選択値を上部に配置するにはこれを有効にします。

数値


各項目は、デフォルトの数値書式を持ち、[ドキュメント プロパティ: 数値書式] ページで設定できます。ただし、シート オブジェクトごとに別の数値書式を使用することもできます。このページは、アクティブなオブジェクトに適用されます。また、項目値を設定する次のコントロールが含まれます。 

初期設定を上書きする

アクティブなオブジェクトの初期設定を上書きするために選択します。数値書式 以下のオプションから数値書式を選択します。
混合
数値とテキストの両方。数値は元の書式で表示されます。
数値
[有効桁数] 項目で設定した桁数で数値を表示します。
整数
数値を整数で表示します。
実数
[小数点以下の桁数] 項目で設定した桁数の小数点値で数値を表示します。
通貨
[書式パターン] 項目に設定された書式で値を表示します。デフォルトの書式は Windows の通貨設定です。
日付
[書式パターン] 項目に設定された書式で日付として変換した値を表示します。
時刻
[書式パターン] 項目に設定された書式で時刻として変換した値を表示します。
日付と時刻
[書式パターン] 項目に設定された書式で日付 + 時刻として変換した値を表示します。
時間間隔
シーケンシャルな時間増分で時間を表示します。例:書式 = mm では、値をカレンダーが始まってからの分の数で表示します ( 1899:12:30:24:00)。

書式パターン

項目の表示書式を詳細に指定する書式コード。[ISO] は、書式を ISO 標準に設定します。[日付][時刻][日時][時間間隔] でのみ有効です。[Sys] は、書式をシステム設定に設定します。

有効桁数

表示される桁数です。

小数点以下の桁数

表示される小数点以下の桁数を設定します。

小数点の記号

小数点を示す記号を設定します。

桁区切り

桁区切りを示す記号を設定します。

パーセント表示

実数の代わりにパーセント形式で表示します。設定は、[数値][整数]、および [実数] でのみ使用できます。

プレビュー

上で指定した数値書式に基づいてプレビューを表示します。

除外値を隠す

項目の除外値を表示するかどうかを切り替えます。除外値は選択もできなくなります。

ロック項目の上書き このチェックボックスをオンにすると、ロックされているシート オブジェクトで選択ができるようになります。選択がドキュメントの他の場所で行われると、シート オブジェクトはロック状態のままです。
レコード数の表示

項目値の頻度を表示するかどうかについてのステータスを切り替えます。レコード数は、選択可能な値の組合わせの数を意味します。このオプションは計算項目には使用できません。


パーセント表示
レコード数を絶対数で表示するか、合計入力数に対するパーセンテージで表示するかについてのステータスを切り替えます。

数式

数式を追加するにはをクリックし、リストから数式を選択します。アイコンでリスト内の項目を移動します。アイコンでリストから項目を削除します。 値は、計算式として入力できます。をクリックして [数式の編集] ダイアログを開きます。 をクリックして [数式の設定] ダイアログを開きます。

有効化

このチェック ボックスをオンにすると、選択した数式が有効になります。ボックスがオンにされていない場合は、数式を使用できません。

条件付き表示

列は、シート オブジェクトが描画されるたびに評価される条件式に基づいて表示/非表示にされます。値は、計算式として入力できます。

数式

表示する数式を入力します。 値は、計算式として入力できます。をクリックして [数式の編集] ダイアログを開きます。

データ (数値)

数値データの配置を 左揃え または 中央揃え右揃え に設定します。

データ (テキスト)

テキスト データの配置を 左揃え または 中央揃え右揃え に設定します。

意味

ドロップダウン リストでプレゼンテーションを選択します。選択したプレゼンテーションによって、表示される設定は異なります。

テキスト
他の設定はありません。

画像
画像が選択されている場合は、設定は画像拡大/縮小で実行できます。
縮小/拡大なし
画像を縮小/拡大せずに表示します。したがって、画像の一部が表示されない場合や、オブジェクトの一部が画像で覆われない場合があります。
塗りつぶし
画像を、画像の縦横比を考慮せずに、オブジェクト領域全体を覆うように拡大します。
縦横比を固定する
画像を、縦横比を維持したまま、オブジェクト領域全体をできるだけ広く覆うように拡大します。
縦横比を固定して塗りつぶし
画像を、縦横比を維持したまま、オブジェクト領域全体を両方向とも覆うように拡大します。

ゲージ
別のゲージ スタイルを使用できます。ゲージ チャートは使用可能なテーブル セルに内接して表示されます。異なるゲージ オプションを設定します:
最小
ゲージの最小値を指定します。 値は、計算式として入力できます。をクリックして [数式の編集] ダイアログを開きます。
最大値
ゲージの最大値を指定します。 値は、計算式として入力できます。をクリックして [数式の編集] ダイアログを開きます。

ミニ チャート
このオプションを選択した場合、QlikView は追加軸で集計された数式の値をミニ チャートで表示します。チャートは使用可能なテーブル セルに内接して表示されます。ミニ チャートの軸はビジュアル設定でも定義できます。
ミニチャートの設定:
項目
数式を描画するための項目を選択します。
モード
折れ線、マーカー、棒、勝敗としてミニ チャートを設定します。

注: Excel にエクスポートする場合、ミニ チャートは表示されません。


リスト ボックス プロパティ: プレゼンテーション

プレゼンテーション

選択スタイル ドキュメントの選択のスタイルを設定します。ドロップダウン メニューにある使用可能な選択肢から選択してください。<初期設定> を選択すると、ドキュメントは、常に、ドキュメントが開かれているコンピュータ上でユーザーがユーザー プロパティで指定したスタイルで開かれます。

プレゼンテーション

テキスト
このオプションを選択すると、項目値は常にテキストとして解釈および表示されます。

画像
このオプションを選択すると、QlikView は各項目値を画像への参照として解釈しようとします。参照は、ディスク上の画像ファイルへのパス (たとえば、C:\Mypic.png) または qvw ドキュメント内の画像ファイルへのパス (たとえば、qmem://<Name>/<Peter>) になります。QlikView が項目値を有効な画像参照として解釈できない場合は、値自体が表示されます。をクリックして 画像の設定 ポップアップを開きます。

[画像の設定] ポップアップ

画像拡大/縮小
縮小/拡大なし
画像を縮小/拡大せずに表示します。したがって、画像の一部が表示されない場合や、オブジェクトの一部が画像で覆われない場合があります。
塗りつぶし
画像を、画像の縦横比を考慮せずに、オブジェクト領域全体を覆うように拡大します。
[縦横比を固定する]
画像を、縦横比を維持したまま、オブジェクト領域全体をできるだけ広く覆うように拡大します。
[縦横比を固定して塗りつぶし]
画像を、縦横比を維持したまま、オブジェクト領域全体を両方向とも覆うように拡大します。

[画像がない場合にテキストを隠す]
QlikView が画像参照として解釈できない場合は、テキストは表示されません。


画像 INFO
このオプションを選択すると、QlikView は、項目値にリンクした画像情報を info load/select を使用してスクリプトに表示します。項目値に対する有効な画像がない場合、[画像がない場合にテキストを隠す] チェックボックスがオンでない限り、値自体が表示されます。

テキストの配置リスト ボックスのテキスト項目値の配置を設定します。
数値の配置リスト ボックスの数値項目値の配置を設定します。
列の自動調節 (Auto Columns)

列の数は自動的に選択されます。

固定列数複数列がオンの場合に、入力項目で列数を指定、またはスライダを希望する数値までドラッグします。
背景色背景色を単色、またはグラデーションに設定します。 をクリックして色を選択してください。
背景画像

背景として画像を設定します。アイコンをクリックして画像を参照します。をクリックして [画像の設定] ポップアップを開きます。

詳細/簡略

基本設定

ツリー構造表示の設定

リスト ボックスをツリー構造で表示します。この機能は、項目に階層構造におけるノードのパスが含まれる場合にのみ有効です。そういった項目は、Path パラメータ (Hierarchy プレフィックス) を使用して生成することができます。

設定セパレーター

ツリー構造 に使用されるパスでセパレータとして解釈される文字セットを設定します。

検索モード

検索モードの設定
ここで、テキスト検索で使用するデフォルトの検索モードとして、ワイルドカード検索あいまい検索標準検索または連想検索 を指定します。

検索対象に除外値を含める

ドロップダウン リストで はいいいえ もしくは ユーザー プロパティ: 基本設定 ページで指定された初期設定が適用される <初期設定を使用する> を選択します。

水平スクロール バーを隠す

このチェック ボックスをオンにすると、指定した幅が広すぎるときに通常表示されるリスト ボックスの水平スクロール バーが非表示になります。代わりに、項目値は必要に応じて省略されます。

列でソート

シート オブジェクトが 2 列以上のとき、値は行型に指定されたソート順で表示されます。列でソート はそれを列型の表示に切替えます。

セルの枠線

項目値は、テーブルの行のように水平の線で区切られます。セルの枠線 は、セルを折り返して表示 チェックボックスをオンにすると自動的にオンになりますが、後で選択を解除できます。

セルを折り返して表示

このオプションを選択すると、セルの内容を複数行で表示します。

セルの行数

セルの行数を設定します。

すべての値を印刷

リスト ボックスの通常の印刷動作は、絞込値のみの印刷です。このチェック ボックスをオンにすると、すべての値が (除外値も) 印刷されます。

印刷時にレイアウトを適用

このチェック ボックスをオンにすると、複数列、セルの選択色分けなどについてリスト ボックスは画面に表示されたとおりに印刷されます。これは、リスト ボックスをレポートに含む場合などに便利です。

NULL マーク

ここに入力されたマークは、オブジェクトで Null 値を表示する際に使用されます。

欠損値マーク

ここに入力されたマークは、オブジェクトで欠損値を表示する際に使用されます。

スタイル

テキスト

フォントの種類を設定するには をクリックします。

キャプションのフォント

キャプションのフォントを設定するには をクリックします。

アクティブ時のキャプション

アクティブ時のキャプションの背景色を設定するにはをクリックします。テキストの色を設定するには をクリックします。

非アクティブ時のキャプション

非アクティブ時のキャプションの背景色を設定するにはをクリックします。テキストの色を設定するには をクリックします。

枠線の使用

シート オブジェクトの周囲に枠線を表示するには、このチェック ボックスをオンにします。をクリックして、枠線の色を設定します。

枠線の幅

入力項目で枠線の幅を指定するか、スライダーを希望する数値までドラッグします。幅は、ピクセル単位で指定します。

角を丸くする

をクリックして [角を丸くする] ポップアップを開きます。

[角を丸くする] ポップアップ

選択

[固定]

または

[相対値]

を選択し、丸くしたい角を選択します。また、値を入力して

[鋭度]

を選択します。 

スクロール バーの幅

入力項目で枠線の幅を指定するか、スライダーを希望する数値までドラッグします。幅は、ピクセル単位で指定します。このコントロールは、スクロール バーのシンボルの幅と相対的なサイズの両方に影響します。

 

リスト ボックス プロパティ: キャプション

キャプション

ラベルテキスト ボックスで、シート オブジェクトのキャプションに表示するタイトルを入力します。ラベル を設定しない場合、キャプションの表示 が選択されていると、項目の名前が使用されます。 値は、計算式として入力できます。をクリックして [数式の編集] ダイアログを開きます。
キャプションの表示このチェック ボックスをオンにすると、シート オブジェクトの最上部にキャプションが表示されます。リスト ボックスなどの「ボックス オブジェクト」は、デフォルトでキャプションの表示がオンになっていますが、ボタン、テキスト オブジェクト、線/矢印オブジェクトはオフになっています。
キャプションの配置左/中央/右
複数行のキャプション (文章の折り返し)このオプションを選択した場合、テキストは 2 行以上で表示されます。
行数キャプションで複数行がオンの場合に、入力項目で行数を指定、またはスライダを希望する数値までドラッグします。
キャプションの配置上/中央/下
詳細/簡略

キャプション アイコン

オプションはすべてのオブジェクトで使用できるわけではありません。

メニュー

オブジェクト メニューを開きます。

クリア

アクティブなリスト ボックスの現在の選択をすべてクリアします。

印刷

選択したシート オブジェクトを別のブラウザ ウィンドウに表形式で開きます。 この設定はすべてのクライアントに有効という訳ではありませんのでご注意ください。

データ コピー

シート オブジェクトの項目値をコピーします。 この設定はすべてのクライアントに有効という訳ではありませんのでご注意ください。

画像をクリップボードにコピー

シート オブジェクトを画像としてクリップボードにコピーします。 この設定はすべてのクライアントに有効という訳ではありませんのでご注意ください。

Excel 出力

絞込値 (選択値を含む) を Microsoft Excel にエクスポートします。このとき Excel が実行していなければ自動的に起動されます。出力された値は、新しい Excel ワークシートに 1 つの列として表示されます。この機能が動作するには、コンピュータに Microsoft Excel 97 以降がインストールされている必要があります。 この設定はすべてのクライアントに有効という訳ではありませんのでご注意ください。

最小化を許可する

このチェック ボックスをオンにすると、シート オブジェクトのキャプション ウィンドウに最小化アイコンが表示され、オブジェクトを最小化することができます。さらに、キャプションをダブルクリックしてもオブジェクトを最小化することができるようになります。

自動最小化

このオプションは、[最小化を許可する] をオンにしている場合にのみ有効です。同じシート上にある複数のシート オブジェクトで [自動最小化] がオンにされている場合、1 つを除くすべてが自動的に最小化されるようになります。これは、同じシート上に複数のグラフを交互に表示するのに便利です。

最大化を許可する

このチェック ボックスをオンにすると、シート オブジェクトのキャプション ウィンドウに最大化アイコンが表示され、オブジェクトを最大化することができます。さらに、キャプションをダブルクリックしてもオブジェクトを最大化することができるようになります。[最小化を許可する][最大化を許可する] の両方がオンの場合、ダブルクリックするとオブジェクトは最小化されます。

ヘルプ テキスト

ここには、ポップアップ ウィンドウに表示するヘルプ テキストを入力できます。このオプションはドキュメント レベルでは使用できません。 値は、計算式として入力できます。をクリックして [数式の編集] ダイアログを開きます。
シート オブジェクトの説明などを入力できます。オブジェクトのウィンドウ キャプションにヘルプ アイコンが追加されます。マウス ポインターをアイコンに移動させると、ポップアップ ウィンドウにテキストが表示されます。

クイック切替

ここではチャートの種類の切り替えを有効にできます。チャートの種類によっては、このオプションは無効です。ポップアップを開くには をクリックします。

[クイック切替の設定] ポップアップ

クイック切替を使用して切り替えたいチャートの種類のチェック ボックスをオンにします。

リスト ボックス プロパティ: オプション

オプション

オプションはすべてのオブジェクトで使用できるわけではありません。

読み取り専用チャートを読み取り専用にします。これにより、チャート内でマウスを使用してクリックまたはペイントしても選択できなくなります。
移動/サイズ変更を許可するこのチェック ボックスをオフにすると、シート オブジェクトを移動またはサイズ変更できなくなります。
コピー/複製を許可するこのチェック ボックスをオフにすると、シート オブジェクトのコピーを作成できなくなります。すべてのクライアントでこの設定を処理できるとは限りません。
データにサイズを合わせる通常、選択によってテーブルのサイズがシート オブジェクトに割り当てられたサイズより小さくなった場合は、QlikView のすべてのテーブル シート オブジェクトを囲む枠線が縮小します。このチェック ボックスをオフにすると、このサイズの自動調整はオフになり、余分な領域は空白のままになります。
INFO アイコンをキャプションに表示するInfo 関数が使用されると、項目値がそれに連結する情報を持っている場合に INFO アイコンがウィンドウのキャプションに表示されます。キャプションに INFO アイコン を表示したくない場合は、このチェックボックスをオフにします。リスト ボックス、統計ボックス、マルチ ボックス、入力ボックスでのみ利用できます。
スクロール バーの位置を保持するこのチェックボックスおよび ユーザー プロパティオブジェクト ダイアログにある付随するチェック ボックスをオンにすると、テーブル オブジェクトで選択されたときに、QlikView が垂直スクロールの位置を保持します。
条件付き表示の使用シート オブジェクトは、選択などで断続的に評価される条件式に基づいて表示/非表示にされます。シート オブジェクトはその条件がを返したときにだけ表示されます。 値は、計算式として入力できます。をクリックして [数式の編集] ダイアログを開きます。
標準シート オブジェクトの 高さ を設定し、その位置を指定します。
最小化最小化されたシート オブジェクトの 高さ を設定し、その位置を指定します。
詳細/簡略

オプション

所有者所有者のドメインとユーザー ID。
オブジェクトの共有他のユーザーとのオブジェクトの共有を有効にします。この選択を有効にすると、以下の設定が有効になります。
共有者[共有する][ユーザーを指定して共有する] のいずれかを選択します。
ユーザー (Domain\UserID) [ユーザーを指定して共有する] を選択すると、追加されたユーザーのリストが表示されます。ユーザーを追加するにはをクリックします。行が追加されますのでその行を強調表示してロックを解除し、ユーザー情報を編集します。ユーザーを削除するには、削除する各ユーザーの後ろにある をクリックします。