ユーザー プロパティ:セキュリティ

このページでは、悪意のあるマクロやスクリプトに対抗するために QlikView ドキュメントに埋め込まれている QlikView セキュリティ対策の設定を無効にできます。害を及ぼす可能性があるコードを受け付けるかどうかをユーザーに確認する警告ダイアログは表示されません。これらのオプションは、既知のドキュメントで作業する場合にのみ慎重に使用してください。

モジュールからの CreateObject と
ローカル ファイルへのアクセスを許可する
このボックスをオンにすると、CreateObject 呼び出しが組み込まれたマクロや外部ファイルにアクセスするマクロを探す QlikView のチェックがオフになります。
スクリプトからのデータベースへの書込/実行ステートメントの実行を許可する このボックスをオンにすると、select ステートメントに execute コマンドと mode is write 修飾子が組み込まれたスクリプトを探す QlikView のチェックがオフになります。
ボタン、スクリプト、モジュールからのローカルアプリケーション、ドキュメントの実行を許可する
このボックスをオンにすると、外部プログラムを QlikView スクリプト、モジュール、またはボタンから起動する際の QlikView のチェックがオフになります。
不明な拡張子によるドキュメント ファイルの
作成、データのファイル出力を許可する
このボックスをオンにすると、疑わしいファイル拡張子が付いたファイルに保存またはエクスポートする際の QlikView のチェックがオフになります。
マクロによる外部アプリケーションの実行時に確認メッセージを表示する このチェック ボックスをオフにしない限り、本製品は、マクロから他のアプリケーションを起動することを許可するかどうかの確認を求めます。