ユーザー プロパティ:オブジェクト

ここでは、シート オブジェクトのデフォルト設定が設定されます。

すべての確認メッセージを有効にする QlikView が初めてコンピュータにインストールされたときは、多数の警告ダイアログが有効になっています。これらはそれぞれ、シートやシート オブジェクトを削除したり、メールを送信するなどの特定の操作を実行する前に確認を求めます。それぞれの警告ダイアログには、[次回からこのメッセージを表示しない] というチェック ボックスが付いています。チェック ボックスをオンにすると、それ以降その警告ダイアログは表示されなくなります。過去に無効にした警告ダイアログをすべてオンにするには、このグループの 有効にする ボタンをクリックします。
テーブル初期設定 選択アイコンの表示
新規のテーブル ボックス、ピボット テーブル、およびストレート テーブルに、列選択インジケータ (ビーコン) をデフォルトで表示したい場合、このチェック ボックスをオンにします。

ソート アイコンの表示
新規のテーブル ボックスとストレート テーブルに、最優先されるソート列を示すアイコンをデフォルトで表示したい場合、このチェック ボックスをオンにします。

ドロップダウン リストの表示
新規のテーブル ボックス、ピボット テーブル、およびストレート テーブルの項目列に、ドロップダウン選択アイコンを表示したい場合、このチェック ボックスをオンにします。
「その他」の標準ラベル チャートのいくつかの種類では、最大 値を設定してプロットするデータ点の数を制限できます。この制限によって外れたすべてのデータ点は、まとめて 「その他」 としてグループ化されます。「その他」の表示ラベル はここで編集できます。
 「合計」の標準ラベル ここでは、棒グラフ、ピボット テーブル、およびストレート テーブルにおける「合計」の標準ラベルを指定できます。「合計」の表示ラベル はここで編集できます。
キャプション アイコン初期設定 このグループでは、選択したキャプション アイコンに対するデフォルトが設定できます。
追加したリスト ボックスのキャプションに検索アイコンを設定する
このチェック ボックスをオンにすると、すべての新規のリスト ボックスで、作成時に 検索 キャプション アイコンがオンになります。これは、より快適な操作性のために、特にドキュメントを QlikView AJAX クライアントに公開する場合にお勧めします。
追加したテーブルとチャートのキャプションに印刷と Excel 出力のアイコンを含める
このチェック ボックスをオンにすると、すべての新規のテーブルおよびチャートで、作成時に 印刷 および Excel 出力 キャプション アイコンがオンになります。これは、より快適な操作性のために、特にドキュメントを QlikView AJAX クライアントに公開する場合にお勧めします。
スクロール バーの位置を保持する

この設定が有効の場合、QlikView は、他のオブジェクトで選択が行われたときに、スクロール バーが設定されているテーブルやチャートのスクロールの位置を保持しようとします。設定は、オブジェクトの レイアウト ページでも有効にする必要があります。

ドキュメントを閉じると、スクロールの位置は保持されません。

チャートのマーカー最大表示数 マーカー付きで表示できるデータ点の数の上限を指定できます。デフォルトは 100 です。この機能は、折れ線グラフとコンボ チャート上で、マーカー付きの数式がオンになっている場合にのみ有効です。
チャートの背景のクリックで選択をクリアする このチェック ボックスをオンにした場合、チャートのプロット エリアの背景をクリックすると、チャートの軸項目で選択したものはすべてクリアされます。
演算実行中のプログレス バーの表示 このグループでは、シート オブジェクトの計算完了に 1 秒以上かかる場合の、進捗情報を表示するレベルを決められます。

表示しない
進捗情報は表示されません。

標準
プログレス バーが表示されます。

詳細
プログレス バーと追加のテキスト情報が表示されます。