ソース管理

QlikView Desktop はソース管理システムに接続できます。QvMsscciProvider.exe と QvSvnProvider.exe は、この操作で使用されるプロバイダで、ソース管理機能を Microsoft Team Foundation Server と Subversion の双方に提供します。

いったんソース管理システムに接続されると、QlikView 管理者はソース管理にプロジェクトを追加できます。追加プロセスの間に行われるのは以下の通りです。

  • QlikView ドキュメントの保存
  • プロジェクト フォルダの作成
  • プロジェクト フォルダへのプロジェクト ファイルの出力
  • ソース管理へのプロジェクト ファイルの追加
  • プロジェクト設定ファイルの作成

プロジェクト設定ファイルはローカル プロジェクト フォルダに保存され、プロジェクトがソース管理情報にアクセスするために必要な設定が含まれます。プロジェクト設定ファイルは、ソース管理システムが管理するファイルには含まれません。プロジェクト設定ファイルの存在によって、QlikView にはソース管理システムが管理するドキュメントが分かります。さらに、QlikView は、ドキュメントがソース管理に帰属するものとして処理するために、必要なプロバイダ DLL を検索してロードすることができなければなりません。これは、QlikView でドキュメントが開くたびにチェックされます。ソース管理プロバイダに関する情報とともに設定ファイルがプロジェクト フォルダに表示されます (SourceControlSettings.ini など)。

ドキュメントがソース管理に帰属する場合、ドキュメントのステータスを示す情報がステータス バーに表示されます。

ソース管理との統合によって影響を受けるのは QlikView ドキュメントのレイアウトのみです。ソース管理に保存される、もしくはソース管理から取得される QlikView には実際のデータはロードされていません。ソース管理からプロジェクトを取得 によってロードされるドキュメントにはすべてが含まれますが、データはその例外です。ドキュメントにデータを追加するには、リロードの実行が必要です。

QlikView ドキュメントがソース管理に接続されると、ドキュメントの保存時に変更されたファイルが自動的にチェック アウトされます。QlikView が提供するプロジェクト ファイルのチェック アウト方法はこれだけです。ドキュメントの保存を実行中にソース管理システムが使用できない場合、QlikView は「オフライン」での作業を試みます (つまり、変更されたファイルから読み取り専用のフラグを取り除き、最新バージョンを保存します)。次のドキュメント保存でソース管理システムが使用可能になったとき、QlikView はローカルで変更されたすべてのファイルのチェック アウトを実行します。

ドキュメント保存時にプロジェクト ファイルはチェック インされません。ソース管理にドキュメントの更新をチェック インするには、保留中の変更のチェック イン メニュー項目を使用する必要があります。Microsoft TFS を使用すると、1 回の QlikView チェックイン操作で複数の変更セットを生成できますが、Subversion では 1 つしか生成できません。このため、ランダムに選択された変更セット間のロールバックが Microsoft TFS で行われても、ドキュメントが安定した状態を維持すると保証されるわけではありません。

詳細については、Qlik コミュニティで利用可能なソース管理白書を参照してください。