QlikWorld 2020 グローバル会議データを最大限活用する方法を探索するために参加 今すぐ行動するすぐに登録して保存

TINV - スクリプトおよびチャート関数

TINV() は、スチューデント t 分布の t 値を確率と自由度の関数として返します。

構文:  

TINV(prob, degrees_freedom)

戻り値のデータ型: 数値

引数:  

引数 説明
prob t 分布に関連付けられた両側確率です。0~1 の数値を指定します。
degrees_freedom 自由度を数値で示す正の整数です。

制限:  

すべての引数は数値でなくてはなりません。数値でない場合は NULL が返されます。

この関数は、次のように TDIST 関数に関連します。
If prob = TDIST(value, df ,2), then TINV(prob, df) = value