[ロード スクリプトの編集] ダイアログ

[ロード スクリプトの編集] ダイアログは、[ファイル] メニューから、もしくはツールバーの ロード スクリプトの編集アイコン をクリックして開きます。

このダイアログでは、スクリプトを入力して実行し、製品ドキュメントを ODBC データ ソースやさまざまなタイプのデータ ファイルに接続し、要求した情報を取得できます。

スクリプトは、手作業で入力することも自動的に生成することもできます。複雑なスクリプト ステートメントの場合は、少なくともその一部を手作業で入力することが必要になります。

ロード スクリプトの編集ダイアログでは、オートコンプリートを採用しているため、入力すると、最後まで入力しなくても入力したい内容をプログラムが予測します。スクリプト構文で使われる単語も予測に含まれます。スクリプトはまた、構文のコンポーネント別に色分けされます。ツールエディタ設定 を選択して、カスタマイズできます。

ダイアログの上部には、スクリプトに関連するさまざまなコマンドのメニュー バーがあります。最も多く使用されるコマンドは、ツールバーにもあります。ツールバーには、ロード スクリプトのタブを選択できるドロップダウン リストもあります。

[ロード スクリプトの編集] ダイアログのメニュー

[ロード スクリプトの編集] ダイアログのパネル

ロード スクリプトの編集 ダイアログには、上にスクリプト パネルと下にツール パネルの 2 つのパネルがあります。

スクリプト パネル

スクリプト パネルには、実際のスクリプトが含まれます。スクリプトの各行に番号が付けられます。スクリプトは、タブで分けられたページに分割でき、左のタブから右のタブへ順に実行されます。

隠しスクリプトが使用されている場合は、一番左に別のタブで表示されます (パスワードが設定されている場合)。

スクリプトは、構文のコンポーネント別に色分けされます。ツール メニューから エディタ設定 を選択すると、色分けをカスタマイズできます。

ツール パネル

ツール パネルには、スクリプトを生成するための機能を含む 4 つのタブ ページがあります。