円グラフ プロパティ:プレゼンテーション

プレゼンテーション

種類 ドロップダウンの選択肢の中から種類をひとつ選択します。
凡例の表示 チャートに凡例を表示します。ポップアップを開くには をクリックします。

[凡例の書式] ポップアップ


スタイル

凡例のスタイルを設定します。


垂直

凡例のテキストの垂直方向の配置を設定します。


線の間隔

凡例内の項目の間の距離を指定します。


ソート順を反転する

このチェック ボックスをオンにすると、凡例のソート順が反転されます。


セルを折り返して表示

このチェック ボックスをオンにすると、凡例項目のテキストは 2 行以上に折り返されます。


背景

チャートの背景を設定します。次のオプションが使用できます。

プロット エリアに背景色を付けます。 をクリックして色を選択します。
画像
プロット エリアの背景に画像を表示します。画像を変更するには をクリックします。
動的画像
計算式を入力し、選択によって動的に変化する画像を背景に表示します。

背景の透過性

チャートの透過性を設定するには、ボックスに値を入力するかスライダーをドラッグします。 をクリックして透過性を選択してください。

詳細/簡略

基本設定

0 値を隠す

このチェック ボックスをオンにすると、すべての数式から 0 または NULL を返す軸項目のすべての組み合わせが計算で無視されます。このオプションは、デフォルトでオンになっています。

欠損値を隠す

このチェック ボックスをオンにすると、すべての数式のすべての項目の NULL 値にのみ関連付けられた軸項目のすべての組み合わせが計算で無視されます。このオプションは、デフォルトでオンになっています。これをオフにすると、チャートで NULL 値をカウントするなど、特別な場合にのみ役立ちます。

ポップアップ ラベル

このチェック ボックスをオンにすると、チャートのデータ点上にカーソルを置いたときに、軸の値と数式がポップアップ バルーンとして表示されます。

ハイライト

このチェック ボックスをオンにすると、マウス ポインタを線またはマーカー上に置いたときに、線またはマーカーが強調表示され、全体像を把握しやすくなります。強調表示は、凡例にも適用されます (適用可能な場合)。

演算実行条件

ここに入力された数式には、チャートが計算されるために満たす必要がある条件を設定します。条件が満たされない場合は、"演算実行条件が満たされていません" というテキストがチャートに表示されます。 値は、計算式として入力できます。 をクリックして [数式の編集] ダイアログを開きます。

スタイル

凡例

凡例の色を設定するには をクリックします。フォントの色を設定するには をクリックします。フォントの種類を設定するには をクリックします。

キャプションのフォント

キャプションのフォントの種類を設定するには をクリックします。

チャート タイトルのスタイル

チャート タイトルの色を設定するには をクリックします。フォントの種類を設定するには をクリックします。

アクティブ時のキャプション

アクティブ時のキャプションの背景色を設定するには をクリックします。テキストの色を設定するには をクリックします。

非アクティブ時のキャプション

非アクティブ時のキャプションの背景色を設定するには をクリックします。テキストの色を設定するには をクリックします。

枠線の使用

シート オブジェクトの周囲に枠線を表示するには、このチェック ボックスをオンにします。枠線の色を設定するには、 をクリックします。

枠線の幅

枠線の幅を設定するには、値を指定するかスライダーをドラッグします。幅は、ピクセル単位で指定します。

角を丸くする

をクリックして [角を丸くする] ポップアップを開きます。

テキスト

チャートのテキスト

チャートにテキストを追加するには をクリックします。

テキスト

チャートのテキストに追加されたテキストはここに表示されます。

角度

テキストの角度を 0 ~ 360 度に指定できます。デフォルトは 0 です。

水平位置

水平方向の配置を設定します。

常に手前に表示

チャートの描画時に、リストで現在選択されているテキストが前面に表示されます。

テキストのスタイル

テキストの背景色を設定するには をクリックします。
フォントの色を設定するには をクリックします。フォントの種類を設定するには をクリックします。

サイズと位置

オブジェクト上のテキストのサイズと位置を設定します。