AJAX/WebView

この部分は、QlikView ローカル クライアントの WebView モードと AJAX クライアントのヘルプになります。いくつかの機能は、クライアントによって少々異なる場合があります。

QlikView ローカル クライアントの WebView モード

QlikView ローカル クライアントを起動している場合、ツールバーのボタンをクリックするだけで、従来表示と AJAX 表示を切り替えることができるようになりました。この便利な機能により、開発者は AJAX クライアントで表示した場合の正確なレイアウトを確認できます。WebView で起動している場合、AJAX のプロパティ ダイアログが利用でき、標準表示では利用できない機能がいくつか提供されます。しかし、以下に挙げるように、WebView で利用できない機能があるので、ご了解ください:

  • レポート編集。
  • 切り取り、コピー、貼り付けといったメニュー コマンド (ショートカットの Ctrl+X, Ctrl+C, and Ctrl+V) 。
  • チャートのアニメーション表示

チャートの画像をクリップボードにコピー

Ctrl+Shift を押してチャート オブジェクトを右クリックし、メニューから [コピー] を選択すると、チャート オブジェクトの画像をコピーできます。

タッチ機能

次の機能はタッチ スクリーンでサポートされています。

  • オブジェクトの作成
  • オブジェクトの移動、コピー、およびサイズ変更
  • プロパティの変更

ファイル名における制限

AJAX クライアントを使用している QlikView ドキュメントを共有したい場合、ファイル名にはハッシュ (#) 記号は使用できません。

キーボード ショートカット

QlikView Desktop キーボード ショートカットは AJAX クライアントでは無効です。

小型デバイス用 AJAX

小型デバイス向け Ajax は、スマートフォンなど小型のタッチ式デバイスにおける QlikView データ探索のサポートを提供します。