入力ボックス プロパティ:オプション

オプション

オプションはすべてのオブジェクトで使用できるわけではありません。

読み取り専用 チャートを読み取り専用にします。これにより、チャート内でマウスを使用してクリックまたはペイントしても選択できなくなります。
移動/サイズ変更を許可する このチェック ボックスをオフにすると、シート オブジェクトを移動またはサイズ変更できなくなります。
コピー/複製を許可する このチェック ボックスをオフにすると、シート オブジェクトのコピーを作成できなくなります。すべてのクライアントでこの設定を処理できるとは限りません。
データにサイズを合わせる 通常、選択によってテーブルのサイズがシート オブジェクトに割り当てられたサイズより小さくなった場合は、QlikView のすべてのテーブル シート オブジェクトを囲む枠線が縮小します。このチェック ボックスをオフにすると、このサイズの自動調整はオフになり、余分な領域は空白のままになります。
INFO アイコンをキャプションに表示する Info 関数が使用されると、項目値がそれに連結する情報を持っている場合に INFO アイコンがウィンドウのキャプションに表示されます。キャプションに INFO アイコン を表示したくない場合は、このチェックボックスをオフにします。リスト ボックス、統計ボックス、マルチ ボックス、入力ボックスでのみ利用できます。
スクロール バーの位置を保持する このチェックボックスおよび ユーザー プロパティオブジェクト ダイアログにある付随するチェック ボックスをオンにすると、テーブル オブジェクトで選択されたときに、QlikView が垂直スクロールの位置を保持します。
条件付き表示の使用 シート オブジェクトは、選択などで断続的に評価される条件式に基づいて表示/非表示にされます。シート オブジェクトはその条件がを返したときにだけ表示されます。 値は、計算式として入力できます。 をクリックして [数式の編集] ダイアログを開きます。
標準 シート オブジェクトの 高さ を設定し、その位置を指定します。
最小化 最小化されたシート オブジェクトの 高さ を設定し、その位置を指定します。
詳細/簡略

オプション

所有者 所有者のドメインとユーザー ID。
オブジェクトの共有 他のユーザーとのオブジェクトの共有を有効にします。この選択を有効にすると、以下の設定が有効になります。
共有者 [共有する][ユーザーを指定して共有する] のいずれかを選択します。
ユーザー (Domain\UserID) [ユーザーを指定して共有する] を選択すると、追加されたユーザーのリストが表示されます。ユーザーを追加するには をクリックします。行が追加されますのでその行を強調表示してロックを解除し、ユーザー情報を編集します。ユーザーを削除するには、削除する各ユーザーの後ろにある をクリックします。