接続ステータスのエラー

Possible cause  

Qlik NPrinting Engine はドキュメントを開くことができず、接続ステータス エラーが表示されます。

Proposed action  

接続の作成時問題が発生した場合、次の手順を実行します。

  1. .qvw ファイルのローカル パスと名前が正しいことを確認します。ドライブと拡張子を含む完全パスを使用するようにしてください。QlikView Desktop を開いてから、パスをコピーして貼り付け、.qvw ファイルを開きます。
    注: .qvw ファイルがローカル、ネットワーク フォルダー、サーバーのどれにあっても問題ありません。QlikView Desktop からドキュメントを開くことができる必要があります。
  2. ドキュメントへのローカル接続とローカル パスを使用している場合、ドキュメントがエンジンを実行中のコンピューターにコピーされていること (他のスケジューラー コンピューターや別のエンジンにではなく) を確認してください。
  3. 接続でネットワーク パスを使用している場合は、エンジンからネットワーク共有にアクセス可能であることを確認します。
  4. ネットワーク ドライブのマッピングはサポートされません; 代わりに UNC (Universal Naming Convention) を使用します。たとえば、\\ServerName\DocumentFolder\document.qvw を使用する必要があります。
  5. サーバー接続を使用している場合は、サーバー パスが正しいことを確認します。サーバーのサーバー パスにあるすべてのフォルダーを必ず含めてください。
  6. サーバー接続を使用している場合は、Qlik NPrinting Engine からサーバーにアクセス可能であることを確認します。
  7. サーバー接続を使用している場合は、必ずエンジン コンピューター上の QlikView ServerQlikView Desktop の両方で同じバージョンを使用してください。異なるバージョンを使用する場合、QlikView Desktop のエンジンで手動でドキュメントを開くことができる場合がありますが、キャッシュ生成は失敗します。
  8. QlikView Desktop が、エンジン サービスを実行している Windows ユーザーに対するアクティブなライセンスを持っていることを確認してください。インストール パスで Qv.exe ファイルを探します。SHIFT を押しながらファイルを右クリックします。Run as a different user を選択してから、Qlik NPrinting Windows ユーザーの資格情報を入力します。
  9. 注: QlikView Personal Edition には対応していません。
  10. Windows Interactive Service Detection をアクティブにしている場合は、[メッセージの表示] をクリックしてから、セッション ゼロで開く QlikView のステータスを確認してください。メッセージには、ソース .qvw ファイルでのマクロの実行要求など、有益な情報が含まれている場合があります。
  11. %ProgramData%\NPrinting\Logs フォルダーのログでエラーを確認します。