複数のフィールド値に対して個別のスライドを生成する

2 つ以上のフィールドの値のすべての組み合わせに対し、スライドを使って PowerPoint レポートを作成できます。これを実行するには、QlikView および Qlik Sense 接続の両方を使用します。

この例では、QlikView 接続を利用した 2 つのフィールドの使用方法を示します。また、作成されたスライドの最終的な順序をカスタマイズすることもできます。最初に、QlikView で準備作業を行ってから、PowerPoint レポート テンプレートを作成します。

QlikView での表ボックスの準備

以下を実行します。

  1. QlikView SalesDemo.qvw を開きます。
  2. オブジェクトを表示させる QlikView シートを選択してから、シート内で任意の空の部分を右クリックします。
  3. [新しいシート オブジェクト] を選択します。
  4. [表ボックス...] をクリックします。
  5. [利用可能なフィールド] のリストから複数のフィールドを選択します。

    例えば、CountryYear を選びます。

  6. [追加] をクリックし、選択したフィールドを [テーブルボックスに表示されたフィールド] リストに転送します。
  7. [新しいテーブル ボックス] ウィンドウの一番下で [OK] をクリックします。

元の QlikView オブジェクトの並べ替え順序を設定することで、最終版 PowerPoint レポートのスライドの並べ替え順をカスタマイズできます。

PowerPoint レポートの作成

以下を実行します。

  1. Qlik NPrinting メイン メニューで [レポート] を選択してから、[レポートの作成] をクリックします。
  2. レポートに [タイトル] を入力します。
  3. [タイプ] ドロップダウン リストから [PowerPoint] を選択します。
  4. [アプリ] ドロップダウン リストからアプリを選択します。
  5. [テンプレートの編集] をクリックして [テンプレート エディター] を開きます。
  6. [ページ] ノードを右クリックし、[ページを現在のシートに追加] をクリックします。
  7. 必要なオブジェクトが含まれる QlikView ドキュメントへの [接続] を選択します。
  8. PageTB04 を選択します。
  9. [OK] をクリックします。
  10. TB04_Page ノードを展開します。
  11. Country および Year ノード トークンをドラッグし、[タイトル] テキスト ボックスの適切な位置にドロップしてスライドのタイトルを構成します。
  12. Sales by Category -  CH186 を [画像] ノードに追加します。
  13. CH186 - Sales by Category ノード トークンをテンプレートにドラッグし、スライドにドロップします。

  14. [プレビュー] をクリックします。

    Qlik NPrinting は 2012 年および 2014 年の、各国に対してスライドを生成します。

  15. [保存して閉じる] をクリックしてテンプレートを保存します。