Y 軸に 2 つの異なる目盛りをもつ PixelPerfect グラフの作成

PixelPerfect の豊富なオプションを使用して元のドキュメントに存在しない複雑なグラフを作成することができます。たとえば、1 つのグラフの Y 軸に 2 つの単位が異なるメジャーを表示することができます。この例では、QlikView オブジェクトを使用して、カテゴリー別売上を左の目盛りの通貨として表示し、右の目盛りに数量として表示するグラフを作成する方法を示します。

新規 PixelPerfect テンプレートを作成し、データ ソースを追加する

以下を実行します。

  1. Qlik NPrinting メイン メニューで [レポート] を選択してから、[レポートの作成] をクリックします。
  2. レポートに [タイトル] を入力します。 PixelPerfect Two Scales Chart
  3. [タイプ] ドロップダウン リストから [PixelPerfect] を選択します。
  4. [アプリ] ドロップダウン リストからアプリを選択します。
  5. [作成] をクリックしてレポートを作成します。
  6. [テンプレートの編集] をクリックして [テンプレート エディター] を開きます。
  7. [] ノードを右クリックし、[オブジェクトの追加] を選択します。
  8. 必要なオブジェクトが含まれる QlikView ドキュメントへの [接続] を選択します。
  9. オブジェクト リストから CH184 を選択します。

新規グラフを作成します。

以下を実行します。

  1. [Tool Box] の [Chart] オブジェクトを [Detail] エリア テンプレートにドラッグアンドドロップします。

    [Chart Wizard] が開きます。

  2. [Bar] グラフを選択し、[Next] をクリックします。
  3. [Appearance] ウィンドウで [Next] をクリックします。
  4. [Series 1] の名前を [Gross Profit $] に変更します ([Series name] ボックスに新しい名前を入力)。
  5. [Point sort order] を [Descending] に設定し、[Sort points by] を [Value] に設定します。
  6. [Series 2] の名前を [Gross Profit %] に変更します ([Series name] ボックスに新しい名前を入力)。
  7. Next をクリックして Data ウィンドウを開きます。

データ ソースのバインド

以下を実行します。

  1. Data ウィンドウで、Series Binding タブをクリックします。
  2. [Gross Profit $] シリーズを選択します。
  3. [Argument] ドロップダウン リストで、[CH184] ノードを展開し、[ProductName] 列を選択します。
  4. [Value] ドロップダウン リストから [Gross Profit] 列を選択します。

  5. [Gross Profit %] シリーズを選択します。
  6. [Argument] ドロップダウン リストから [ProductName] 列を選択します。
  7. [Value] ドロップダウン リストから [GP%] 列を選択します。

  8. Next をクリックして Chart ウィンドウを開きます。
  9. もう一度 Next をクリックして既定の Chart 設定を確定し、Diagram ウィンドウを開きます。

セカンダリ Y 軸の作成

以下を実行します。

  1. Diagram ウィンドウで、Elements タブをクリックします。
  2. [Secondary Y-Axis] エリアで [Add] をクリックします。

    [Secondary AxisY 1] パネルが表示されます。

  3. [Next] をクリックします。
  4. もう一度 Next をクリックして既定の Panes 設定を確定し、Axes ウィンドウを開きます。

プライマリ X 軸オプションの設定

以下を実行します。

  1. Axes ウィンドウで、Elements タブをクリックします。

  2. ドロップダウン リストから [Primary AxisX] を選択します。
  3. [Text] ボックスに [Product Name] を入力します。
  4. [Visibility] チェックボックスを選択します。
  5. [Antialiasing] チェックボックスを選択します。

プライマリ Y 軸の設定

以下を実行します。

  1. ドロップダウン リストから [Primary AxisY] を選択します。
  2. Elements タブをクリックします。
  3. [Gross Profit $] ボックスに「Text」と入力します。
  4. [Visibility] チェックボックスを選択します。
  5. [Antialiasing] チェックボックスを選択します。

プライマリ Y 軸の数書式設定

以下を実行します。

  1. Labels タブをクリックします。
  2. Auto タブを選択します。
  3. [Format (書式)]ドロップダウン リストから [Currency] を選択します。
  4. [Precision] を 0 に設定します。

セカンダリ Y 軸 1 オプションの設定

以下を実行します。

  1. ドロップダウン リストから [Secondary AxisY 1] を選択します。
  2. Elements タブをクリックします。
  3. [Gross Profit %] ボックスに「Text」と入力します。
  4. [Visible] チェックボックスを選択します。
  5. [Antialiasing] チェックボックスを選択します。

セカンダリ Y 軸の書式の設定

以下を実行します。

  1. Labels タブをクリックします。
  2. Auto タブをクリックします。
  3. PercentFormat ドロップダウン リストから選択します。
  4. [Precision] を 1 に設定します。
  5. Next をクリックして Series Views ウィンドウを開きます。

Total Sales シリーズをプライマリ Y 軸と接続

以下を実行します。

  • [Series Views] ウィンドウで、[Gross Profit $] シリーズに対してはデフォルトの [Linked Elements] のままにしておきます。

    これにより [Gross Profit $] シリーズが Primary AxisY と接続されます。

Quantity シリーズをセカンダリ Y 軸 1 と接続

以下を実行します。

  1. ドロップダウン リストから [Gross Profit %] シリーズを選択します。
  2. [Linked Elements] の [Axis Y] ドロップダウン リストから [Secondary AxisY 1] を選択します。

    これにより [Gross Profit %] シリーズが Secondary AxisY 1 と接続されます。

  3. Next をクリックして Point Labels ウィンドウを開きます。

ポイント ラベル (値) の削除

以下を実行します。

  1. [Point Labels] ウィンドウで、[Gross Profit $] の [Visible] チェック ボックスのチェックを外します。

    これにより [Point Labels] (バーに表示される値) が削除されます。

  2. ドロップダウンリストから [Gross Profit %] を選択します。
  3. [Visible] チェック ボックスのチェックをもう一度外します。
  4. [Finish] をクリックしてグラフ ウィザードを閉じます。

プレビューと保存

以下を実行します。

  1. [プレビュー] をクリックします。
  2. レポートをチェックして閉じ、必要に応じてテンプレートを再度編集します。
  3. [保存して閉じる] をクリックしてテンプレートを保存し、[テンプレート エディター] を閉じます。