QlikWorld 2020 グローバル会議データを最大限活用する方法を探索するために参加 今すぐ行動するすぐに登録して保存

PixelPerfect レポートへの目次の追加

PixelPerfect レポートでは、リンク付きで自動的に更新される目次を追加することができます。既存の PixelPerfect レポートに目次を追加することもできます。このページに記載された手順を行う前に、「PixelPerfect レポートに合計と小計を追加する方法」の説明に従ってレポートを作成する必要があります。

2 つのレベルをもつ PixelPerfect レポートの作成

PixelPerfect レポートに合計と小計を追加する方法」で説明されている手順を繰り返すことで、YearCategoryName のレベルをもつ新しい PixelPerfect レポートを作成できます。レベルの値は目次の行となります。

以下を実行します。

  1. Qlik NPrinting メイン メニューで [レポート] を選択してから、[レポートの作成] をクリックします。
  2. レポートに [タイトル] を入力します。 PixelPerfectReport with Table of Contents
  3. [タイプ] ドロップダウン リストから [PixelPerfect] を選択します。
  4. [アプリ] ドロップダウン リストからアプリを選択します。
  5. [作成] をクリックしてレポートを作成します。
  6. [テンプレートの編集] をクリックして [テンプレート エディター] を開きます。
  7. [レベル] ノードを右クリックし、[レベルの追加] をクリックします。
  8. 必要なオブジェクトが含まれる QlikView ドキュメントへの [接続] を選択します。
  9. オブジェクト リストから Year を選択します。
  10. [Year_Level] を右クリックし、[レベルの追加] をクリックし、[CategoryName]フィールドを選択します。
  11. [CategoryName_Level] を右クリックし、[レベルの追加] をクリックして [CH184] チャートを選択します。
  12. [Detail] バンドを右クリックし、[Insert Detail Report] を選択し、[Year_Level] をクリックします。
  13. [Year] フィールドを [レベル] ノードから [Detail1] バンドにドラッグ アンド ドロップします。
  14. お好みに応じてセルの書式を設定します。
  15. [Detail1] バンドを右クリックし、[Insert Detail Report] を選択し、[CategoryName_Level] をクリックします。
  16. [CategoryName] フィールドを [レベル] ノードから [Detail2] バンドにドラッグ アンド ドロップします。

  17. お好みに応じてセルの書式を設定します。
  18. [Detail2] バンドを右クリックし、[Insert Detail Report] を選択し、[CH184_Level] をクリックします。
  19. 必要であれば、すべての [レベル] ノードの詳細を展開し、CH184 列を選択し、[Detail3] バンドにドラッグ アンド ドロップします。

    作成されたセルをお好みに応じて書式設定し、セルの下にある空白を削除します。

  20. Shift キーを押しながら CH184 列を選択し、右クリックして列を [Detail 2] バンドの下部にドラッグ アンド ドロップします。これによりテーブル ヘッダーが作成されます。
  21. お好みに応じて作成されたセルの書式を設定します。
  22. [Detail3] バンドを右クリックし、[Insert Band] を選択し、[GroupFooter] をクリックします。
  23. PixelPerfect レポートに合計と小計を追加する方法」の説明に従って、合計 Total SalesGross Profit を [GroupFooter1] バンドに追加します。
  24. [保存] をクリックしてテンプレートを保存します。

プライマリ ブックマークとセカンダリ ブックマークの作成

まず、見出しをブックマークとして設定します。Year がプライマリ ブックマーク、Category Name がセカンダリ ブックマークとなります。

以下を実行します。

  1. 範囲 Detail1 の [Year] ヘッダーを選択します。
  2. 左下のパネルにある [Property Grid] で [Data] グループを見つけます。
  3. [(Data Bindings)] および [Bookmark] ノードを展開します。
  4. [Binding] ノードを選択します。
  5. [Binding] フィールドの右端にある下矢印をクリックして [Binding] ドロップダウン リストを開きます。
  6. [レベル] および [Year_Level] ノードを展開します。
  7. [Year] ノードをクリックして選択します。

    この手順によりトップ レベルのブックマークが作成されます。

  8. [Detail2] で [CategoryName_Level.CategoryName] を選択します。
  9. 手順 1 ~ 8 を繰り返して、[CategoryName_Level] ノードの展開を追加し、代わりに [CategoryName] ノードをクリックします。

ブックマーク階層の定義を始める

この手順では、このレベルを [Detail1] の子として定義します。目次はこのレベルでインデントされます。

以下を実行します。

  1. [Navigation] グループに到達するまで [Property Grid] を下にスクロールします。
  2. Parent Bookmark を選択します。
  3. [Parent Bookmark] フィールドの右端にある下矢印をクリックして [Parent Bookmark] メニューを開きます。
  4. [DetailReport] および [Detail1] ノードを展開します。
  5. [Label1] ノードをクリックして選択します。

    テンプレートの [Year] セルが強調表示されます。

[ReportHeader] バーの作成

目次は ReportHeader の中になければなりません。

以下を実行します。

  1. [Detail] バーを右クリックします。
  2. Insert Band を選択します。
  3. [ReportHeader] をクリックします。

    これにより [ReportHeader] バーと範囲が作成されます。

Report ヘッダーに目次を挿入

以下を実行します。

  1. 右にある [ToolBox] から [Table of Contents] アイコンをドラッグしてテンプレートに持っていき、[ReportHeader] の範囲にドロップします。

目次フォントのカスタマイズ

以下を実行します。

  1. ウィンドウの左側にある [Property Grid] の幅を広げます。
  2. [Behavior] グループに移動します。
  3. Level Default ノードを展開します。
  4. [Font] フィールドの右端にある参照ボタンをクリックします。
  5. [Font] を ArialRegular11pt に設定し、[OK] ボタンをクリックします。

    これにより目次の行のフォントが設定されます。

  6. Level Title ノードを展開します。

    これにより目次タイトルのフォントが設定されます。

  7. [Font] を ArialBold、[12pt] に設定し、[OK] ボタンをクリックします。

目次タイトルのカスタマイズ

以下を実行します。

  1. [Property Grid] の [Behavior] セクションで [Level Title] ノードを展開します。
  2. [Text] フォームに [Table of Contents] と入力します。

プレビューと保存

以下を実行します。

  1. [プレビュー] をクリックします。
  2. レポートをチェックして閉じ、必要に応じてテンプレートを再度編集します。
  3. [保存して閉じる] をクリックしてテンプレートを保存し、[テンプレート エディター] を閉じます。