Section access

QlikView ドキュメントまたは Qlik Sense アプリからレポートを生成する際に、Qlik NPrintingsection access を設定することができます。Section access サポートの処理は、ローカル接続の場合と、サーバーおよびクラスター接続の場合では異なります。

Qlik NPrinting では Qlik NPrinting ユーザーに一致するドメイン アカウントを使用して、レポート作成中にセクション アクセスを適用します。タスクの公開を実行するには、ドメイン アカウントにセクション アクセスを割り当てる必要があります。ユーザーのセクション アクセスが正しくない場合は、レポート生成に失敗したことを示すエラーを受け取ります。

section access によるローカル QlikView ドキュメントへの接続

警告: ローカル QlikView ドキュメントではセクション アクセスに十分に対応していません。セクション アクセスを使用してローカル QlikView ドキュメントに接続しても、セクション アクセスが適用されていなかったかのように、使用可能なすべてのデータがレポート受信者に表示されます。ユーザーが許可されたデータのみを受信するようにするには、Qlik NPrinting フィルターを使用するか、QlikView Server を介してドキュメントに接続する必要があります。

以下を実行します。

  1. ドロップダウン リストから [アプリ] を開き、次に [接続] を選択します。
  2. [接続の作成] をクリックします。
  3. 接続の [名前] を入力します。
  4. 説明を入力します (省略可能)。
  5. ドロップダウン リストから [アプリ] を選択します。
  6. [ソース]QlikView に設定されていることを確認します。
  7. 文書の [タイプ][ローカル] を選択します。
  8. .qvw へアクセスするための完全パスを [ドキュメントパス] フィールドに入力します。
  9. [接続には認証情報が必要] チェックボックスが選択されていることを確認します。
  10. [ユーザー名][パスワード] を入力します。

  11. [作成] をクリックします。

QlikView Server および QlikView Cluster 接続への接続

QlikView Server および QlikView Cluster の接続の前提条件

QlikView Server または QlikView Cluster の接続を使用してレポートを生成するには、以下が必要です:

  • 1 台以上の QlikView Server へのアクセス。
  • Qlik NPrinting Engine Windows サービスを実行する Windows ユーザーは、QlikView Server コンピューターの QlikView Administrators Windows グループに属している必要があります。
  • Qlik NPrinting で [NTFS 認証] を用いるようにするには、Qlik Management Console で設定する必要があります。つまり、Windows オペレーティング システムは NTFS セキュリティ設定を介してユーザーおよびグループのファイル (ドキュメント) アクセスをコントロールすることになります。
  • DMS 認証を介する QlikView でファイル アクセスをコントロールするよう Qlik NPrinting を構成する場合は、次を参照してください:JWT 認証

section access も使用している場合は、以下も必要になります:

  • サーバー認証を使用するよう接続を設定する必要がある。
  • ドメイン アカウントは、Qlik NPrinting 全般設定で有効化された認証タイプと独立し、ユーザー設定で構成する必要があります。

サーバー ドキュメントへの新しい接続の作成

以下を実行します。

  1. ドロップダウン リストから [アプリ] を開き、次に [接続] を選択します。
  2. [接続の作成] をクリックします。
  3. 接続の [名前] を入力します。
  4. ドロップダウン リストから [アプリ] を選択します。
  5. [ソース]QlikView に設定されていることを確認します。
  6. 文書の [タイプ][サーバー] を選択します。
  7. .qvp へアクセスするための完全パスを [qvp://] フィールドに入力します。
  8. [接続には認証情報が必要] チェックボックスが選択されていることを確認します。
  9. [サーバー認証] を選択し、ID を入力します。
  10. [作成] をクリックします。

クラスター ドキュメントへの新しい接続の作成

以下を実行します。

  1. ドロップダウン リストから [アプリ] を開き、次に [接続] を選択します。
  2. [接続の作成] をクリックします。
  3. [名前] を入力します。
  4. ドロップダウン リストから [アプリ] を選択します。
  5. [ソース]QlikView に設定されていることを確認します。
  6. ドキュメントの [タイプ][クラスター] を選択します。
  7. クラスターの [アドレス][クラスター ID] および [ドキュメント名] を入力します。

    クラスター アドレス、および ID は、[システム] > [セットアップ] の Qlik Management Console にあります。クラスター アドレスは [管理サービス] > [サマリー] タブにあります。クラスター ID は [QlikView Web Servers] で QVWS を選択することで見つけることができ、ID は [全般] タブの [名前] フィールドにあります。

  8. [接続には認証情報が必要] チェックボックスが選択されていることを確認します。
  9. サーバーの認証 ID を入力します。

  10. [作成] をクリックします。

ユーザー設定

以下を実行します。

  1. [管理] をドロップダウン リストを開き、[ユーザー] を選択します。
  2. section access を適用したレポートを受信する必要があるユーザーの [名前] をクリックします。
  3. ドキュメントへのアクセス権を持つ有効なユーザーで [ドメイン アカウント] フィールドを構成します。

  4. [保存] をクリックします。

section accessQlik Sense アプリに接続する

以下を実行します。

  1. 接続の作成」の説明に従って Qlik Sense アプリへの新しい接続を作成するか、既存の接続を開きます。
  2. [レポートのユーザー セクション アクセスを適用] チェック ボックスをフラグして、選択した Identity に対して section access を適用します。
  3. [作成] または [保存] をクリックして確認します。