Qlik NPrintingQlik Sense を同じコンピューターにインストールする

Qlik SenseQlik NPrinting を同一のコンピュータにインストールする構成はサポートされていません。実稼働環境においては、Qlik NPrinting ServerQlik NPrinting Engine は、これらがインストールされているコンピューターのすべての使用可能なリソースを消費します。Qlik SenseQlik NPrinting Qlik Sense と同じコンピューターにインストールされている場合、使用できるリソースが不足するために はクラッシュする可能性があり、レポートは配信されません。現時点では、Qlik NPrinting ServerQlik NPrinting Engine、および Qlik Sense は互いのリソースの使用を制限する内部システムを持っていません。

注: Qlik NPrintingQlik Sense の間に既知の非互換性はありませんが、実稼働環境では、Qlik NPrintingQlik Sense とは別のコンピューター (仮想または物理的) を必要とします。

デモンストレーションを行うなどの特定の状況においては、Qlik NPrinting ServerQlik NPrinting EngineQlik Sense を同じコンピューターにインストールすることができます。また、いくつかの追加構成を行うことによって、AWS (Amazon Web Service) コンピューターで Qlik SenseQlik NPrinting を共に実行することができます。

ただし、この構成を使ってコンセプトの検証を行うと不正な結果に繋がる可能性があるため、お勧めしません。Qlik NPrintingQlik Sense によるリソースの同時使用は、システム エラーの原因になります。適切に構成された実稼働環境では、このような問題は発生しません。

リソースの文脈的使用の効果を制限するには:

  • 仮想マシンに対し、より多くのハードウェア リソース (より多くの RAM、より多くの CPU) を割り当てる
  • コンピューターを頻繁に再起動し、リソースが解放されるようにする
注: これらの提案は問題を完全に解決するものではありません。

以下を実行します。

  1. Qlik Sense をインストールします。

    参照: 展開の計画

  2. Qlik NPrinting Server および Qlik NPrinting Engine をインストールします。

    Qlik NPrinting Server のインストール」を参照してください。

    Qlik NPrinting Engine のインストール」を参照してください。

    Qlik NPrinting DesignerQlik SenseQlik NPrinting と同じコンピューター (仮想または物理的) にインストールすることも、別のコンピューターにインストールすることもできます。

  3. Qlik Sense 証明書をインストールします。

    Qlik Sense 証明書のインストール」を参照してください。

    client.pfx 証明書のみをインストールします。Qlik NPrinting Engine Windows サービスでは、同じ Windows アカウント セットを使用する必要があります。

  4. Qlik NPrinting web console から、Qlik NPrinting EngineQlik NPrinting scheduler service ローカル ノードを接続します。

    の追加Qlik NPrinting Engine

  5. Qlik Sense アプリへの Qlik NPrinting 接続を作成します。

    接続の作成」を参照してください。

    ローカルホストの使用には対応していないため、コンピューター名を使用することを忘れないでください。AWS (Amazon Web Services) コンピューターの正しいコンピューター名を確認するには、「AWS コンピューターの追加構成」を参照してください。

AWS コンピューターの追加構成

Qlik Sense に対するすべての Qlik NPrinting 接続では、プロキシ アドレスが Qlik Sense で作成された証明機関のアドレスである必要があります。

AWS (Amazon Web Services) コンピューターの証明機関のアドレスを確認するには、次のように操作します。

  1. コマンド プロンプトを開きます。
  2. mmc.exe を実行します。
  3. [ファイル] メニューから、[スナップインの追加と削除] をクリックします。
  4. [スナップイン] 列で [証明書] を選択します。
  5. [追加] をクリックします。
  6. [コンピューター アカウント] を選択します。
  7. [次へ] をクリックします。
  8. [完了] をクリックします。
  9. [OK] をクリックします。
  10. ú 記号をクリックして [証明書 (ローカル コンピューター)] を展開します。
  11. [パーソナル] を選択します。
  12. 必要なコンピューター名が [発行者] 列に表示されます。末尾には -CA と記載されています。たとえば、[発行者] の値として ip-123-31-38-88.ec2.internal-CA と示されている場合は、接続するコンピューターのアドレスとして ip-123-31-38-88.ec2.internal を使用します。

Qlik Sense に対する Qlik NPrinting 接続を作成する場合は、https:// に続けてコンピューター アドレスを入力する必要があります。

AWS (Amazon Web Services) コンピューターでは Qlik Sense が特定のネットワーク インターフェース (パブリックの Amazon コンピューター名またはコンピューター名ではない) を使用して証明書を作成するため、上記の手順は必須です。