認証

Qlik NPrinting 展開での認証は Qlik NPrinting web engine によって管理されています。これは、Qlik NPrinting Server または NewsStand へのアクセスを許可する前にユーザー ID を確認します。

Qlik NPrinting web consoleNewsStand の標準エントリポイントは、それらのインターフェースとの接続に HTTPS を使用するように構成されています。トラフィックは TLS および証明書を使用して暗号化されます。HTTPS がより安全であるため、この設定をお勧めします。ただし、リバース プロキシの背後で動作する必要がある場合などには、Qlik NPrinting は必要な環境で HTTP を使用するように構成できます。HTTP の詳細については、次を参照してください:HTTP の有効化

Qlik NPrinting は、統合認証方法として、ユーザー名とパスワード、または Kerberos と NTLM の使用に対応しています。それらは Qlik NPrinting web engine によって内部で管理されます。

注: 既定の認証モジュールの要件により、認証を処理するプロキシは、Qlik NPrinting がインストールされている Microsoft Windows ドメインに属していなければなりません。

Windows ログイン

Windows ログインを有効化するには、ユーザー プロファイルを開いてドメイン\ユーザー名を追加します。

以下を実行します。

  1. [管理] メニューから [ユーザー] をクリックします。
  2. 編集するユーザーを選択します。
  3. [ドメイン アカウント] フィールドに入力します: ドメインとユーザー名を入力します。

    以下の機能を使用するには、ユーザーは関連付けられたドメイン アカウントを所有している必要があります:

    • Qlik Sense ハブでレポートを受け取る。
    • QlikViewOn-Demand レポートを作成する。

      ユーザーの Windows Active Directory ユーザー アカウントがドメイン アカウントとして関連付けられている必要があります。

Windows ログインを無効化するには、[管理] > [設定] > [認証] と選択します。

Kerberos

Kerberos 認証を使用したい場合は、Qlik NPrinting にアクセスするためのブラウザーを Kerberos 認証に対応するよう構成する必要があります。参照先:Kerberos 認証

外部認証

Qlik NPrinting は、Qlik NPrinting web engine によって管理される次の外部認証方式に対応しています。

JSON Web Token (JWT)

JWT は、情報を JavaScript Object Notation (JSON) オブジェクトとして安全に転送するためのオープン標準です。JWT では single sign-on (SSO) が有効化されるため、ユーザーがクラウド アプリケーションやウェブサイトにログオンする回数が最小限に抑えられます。JWT 認証の詳細については、次を参照してください:JWT 認証

Security Assertion Markup Language (SAML)

Qlik NPrintingSAML V2.0 に対応しています。詳細については、次を参照してください:Security Assertion Markup Language (SAML) single sign-on (SSO)