タスクの作成

Qlik NPrinting アプリにはタスクが含まれます。タスクを使用すると、特定の受信者にレポートを配布したり、データのインポートをスケジュールしたりすることができます。

新規タスクの作成

以下を実行します。

  1. メイン メニューで [タスク] を選択して、[タスクの公開] をクリックします。
  2. [タスクの作成] をクリックします。
  3. タスク名を入力します。たとえば、タスクに関連するユーザーの名前などです。
  4. ドロップダウン リストからアプリを選択します。
  5. [保存する日数]、[保存するレポート]、および [有効化] は既定値のままにします。
  6. [レポート セキュリティ] の下で、[読み取りパスワード]、[書き込みパスワード]、またはその両方を入力します。

    この手順は省いてもかまいません。ユーザーは、このタスクに付随するレポートにアクセスするにはこれらのパスワードを入力する必要があります。

  7. [作成] をクリックします。

タスクにレポートを追加する

以下を実行します。

  1. [レポート] タブに移動し、[レポートの追加] をクリックします。
  2. [レポートの選択] ドロップダウン リストからレポートを選択します。
  3. [出力形式] ドロップダウン リストから [PDF] を選択します。
  4. [メールに添付] および [有効] チェック ボックスは選択されたままにします。
  5. [レポートの追加] をクリックします。

タスクにユーザーを追加する

以下を実行します。

  1. [ユーザー/グループ] タブに移動し、[ユーザーまたはグループの追加] をクリックします。
  2. [受信者の選択] ドロップダウン リストをクリックして、タスクを割り当てるユーザーを選択します。
  3. [有効]、[NewsStand 展開先]、および [メール展開先] チェック ボックスを選択します。
  4. [受信者の追加] をクリックします。

    ユーザーが [ユーザー/グループ] リストに表示されます。

NewsStand を展開先に設定する

NewsStand を展開先に設定できます。NewsStand に追加されたすべてのユーザーは、各自のプロファイルに関連付けられたレポートへのアクセス権を持ちます。

以下を実行します。

  1. [展開先] タブに移動します。
  2. NewsStand へのアクセス権を持たせるユーザーに対応する NewsStand チェック ボックスが選択されていることを確認します。
  3. [メール] も選択されていることを確認します。
  4. [保存] をクリックします。

トリガー (Trigger)

トリガーはタスクの自動実行を管理します。

以下を実行します。

  1. [トリガー] タブに移動し、[トリガーの作成] をクリックします。
  2. 新しいトリガーの名前を入力します。
  3. [スケジュールの種類] と [開始日] を設定します。
  4. [タイム ゾーン] を選択します。
  5. [作成] をクリックします。

トリガーの詳細については、「配信スケジュールの作成」を参照してください。

タスクの実行

これで、作成したタスクを実行できるようになりました。

以下を実行します。

  1. [概要] タブに移動します。
  2. [今すぐ実行] をクリックします。

    ページの一番上に確認メッセージが表示されます。

タスクに関する詳しい手順については次の項を参照してください:タスクの実行