QlikWorld 2020 グローバル会議データを最大限活用する方法を探索するために参加 今すぐ行動するすぐに登録して保存

Qlik NPrintingQlik Sense との接続

レポートで Qlik Sense チャートが必要な場合には、 Qlik NPrinting インストールを Qlik Sense に接続する必要があります。1 つの Qlik Sense ハブを Qlik NPrinting レポートの受信用に指定することができます。

Qlik Sense 証明書が含まれている Qlik NPrinting Server フォルダー (C:\Program Files\NPrintingServer\Settings\SenseCertificates) は、アップグレードしている間は保持されますが、Qlik NPrinting をアンインストールした場合には削除されます。

注: このページでは Qlik Sense サーバーへの接続方法を概説します。レポート作成のために特定の Qlik Sense アプリを Qlik NPrinting に接続したい場合には、次の項を参照してください:Qlik Sense アプリへの接続

要件

  • Qlik NPrinting Engine Windows サービスを実行する Windows ユーザーに、RootAdmin 権限を QMC で割り当てる必要があります。この Windows ユーザーは、ドメイン ユーザーでもある必要があります。参照先:ユーザー アカウント
  • Qlik Sense 3.1.2 以降に接続するには、Qlik NPrinting 17.2.1 以降が必要です。
  • Qlik Sense アプリへの接続を作成する場合は Qlik Sense 2.3 以降が必要です。
  • Qlik Sense ハブにレポートを配信するには、Qlik Sense 3.0.1 以降が必要です。
  • 複数の Qlik Sense サーバーに接続している場合は、Qlik Sense 3.1 以降が必要です。

制限

  • 追加の Qlik Sense サーバーに接続すると、Qlik NPrinting Server システム リソースに影響を及ぼします。複数の Qlik Sense サーバーに接続すると、Qlik NPrinting Engine および Qlik NPrinting Server のコンピュータ上で RAMCPU の使用率が上がる場合があります。参照先:パフォーマンス
  • 複数の Qlik Sense ハブへの公開には対応していません。
  • Qlik Sense Desktop には対応していません。

Qlik Sense 証明書のエクスポートとインストール

Qlik NPrinting から Qlik Sense ハブへレポートを配布するには、すべての Qlik NPrinting scheduler service コンピューターに証明書をインストールする必要があります。Qlik Sense アプリへの接続を作成するには、すべての Qlik NPrinting Engine コンピューターに証明書をインストールする必要があります。Qlik NPrinting scheduler serviceQlik NPrinting Engine が同じコンピューターにインストールされている場合は、証明書を一度だけインストールします。

複数の Qlik Sense サーバーに接続している場合、Qlik Sense システム管理者は各サーバーから証明書をエクスポートして名前を変更する必要があります。

QMC からの証明書のエクスポート

  1. QMC スタート ページまたは [S] メニューから [Certificates] (証明書) を選択します。

    [Certificates] (証明書) の [Export] (エクスポート) ページが表示されます。

  2. [Machina name] (マシン名) ボックスに、証明書を作成している Qlik NPrinting Server コンピュータのフル コンピューター名を入力します。MYMACHINE.mydomain.com または IP アドレスです。

  3. [Certificate password] (証明書パスワード) ボックスは空白のままにします。

  4. [Include secret key] (秘密キーを含める) を選択します。

  5. [Export file format for certificates] (証明書のファイル形式をエクスポート) ドロップダウン リストから .pfx ファイルを選択します。

  6. 操作バーで [Export certificates] (証明書をエクスポート) をクリックします。

  7. エクスポートが終了すると、[Certificates exported] (証明書がエクスポートされました) ダイアログが表示されます。[Certificates will be exported to this disk location] (証明書はこのディスクの場所にエクスポートされます) にエクスポート先のディレクトリが表示されます。

    既定の場所は次のとおりです。C:\ProgramData\Qlik\Sense\Repository\Exported Certificates\QlikNPrintingServerName

  8. このディレクトリに移動します。以下のフィアルが含まれています: client.pfxserver.pfx、および root.cerclient.pfx のみが必要です。
  9. 証明書を複数の Qlik Senseサーバーからインストールしている場合は、client.pfx ファイルの名前を、自身で選択した一意の名前に変更する必要があります。例:YourQlikNPrintingServerName.pfx.
  10. それぞれの Qlik NPrinting Engine に同じ手順を行います。それぞれの client.pfx に一意の名前を付ける必要があります。
  11. Qlik NPrinting Server および Qlik NPrinting Engine に接続する各 Qlik Sense サーバーに同じ手順を行います。

証明書のインストール

Do the following:

  1. Qlik Sense システム管理者からエクスポートして名前を変更した Qlik Sense 証明書を受信します。

  2. Qlik NPrinting scheduler service を実行している Qlik NPrinting ServerWindowsQlik NPrinting Server サービス管理者としてログインします。
  3. 証明書を C:\Program Files\NPrintingServer\Settings\SenseCertificates に追加します。Qlik NPrinting では自動的に各接続に使用される正しいフォルダーが識別されます。

    このフォルダーの名前を変更したりカスタマイズしたりしないでください。

  4. WindowsQlik NPrinting Engine サービス管理者を利用して、Qlik NPrinting Engine サービスを実行している各 Qlik NPrinting Engine に同じ手順を行います。

ユーザーが Qlik Sense ハブでレポートを表示するために、Qlik Sense でユーザー アクセスの割り当てをさらに行う必要はありません。