メイン コンテンツをスキップする

Qlik NPrinting と QlikView との接続

このページ上

Qlik NPrintingQlikView との接続

レポートで QlikView チャートが必要な場合には、Qlik NPrinting インストールを QlikView に接続する必要があります。

QlikView ドキュメントはローカル フォルダー、ネットワーク共有フォルダー、QlikView Server に保存することができます。

注: このページでは QlikView サーバーへの接続方法を概説します。レポート作成のために特定の QlikView ドキュメントを Qlik NPrinting に接続したい場合には、次の項を参照してください:QlikView ドキュメントへの接続

要件

QlikView Desktop バージョン

Qlik NPrinting Engine コンピューター上では QlikView Desktop が必要です。QlikView ServerQlikView Desktop はリリース番号も含めて全く同じバージョンでなければなりません。QlikView Desktop は、Qlik NPrinting Engine と同じコンピューター、または仮想コンピューターでローカルにインストールされている必要があります。Qlik Sense アプリのみに接続する場合、QlikView Desktop は必要ありません。

以下のバージョンに対応しています:

  • QlikView Desktop 11.20 SR15 以降および 12.00 SR5 に対応。
  • QlikView Desktop November 2017 SR1 以降は、Qlik NPrinting 17.3.1 以降との使用に対応しています。
  • QlikView Desktop Personal Edition には対応していません。

QlikView Server または QlikView Cluster 接続

QlikView Server または QlikView Cluster の接続を使用してレポートを生成するには、以下が必要です:

  • 1 台以上の QlikView Server へのアクセス。
  • Qlik NPrinting Engine Windows サービスを実行する Windows ユーザーは、QlikView Server コンピューターの QlikView AdministratorsWindows グループに属している必要があります。
  • Qlik NPrinting で [NTFS 認証] を用いるようにするには、Qlik Management Console で設定する必要があります。つまり、Windows オペレーティング システムは NTFS セキュリティ設定を介してユーザーおよびグループのファイル (ドキュメント) アクセスをコントロールすることになります。
  • DMS 認証を介する QlikView でファイル アクセスをコントロールするよう Qlik NPrinting を構成する場合は、次を参照してください:JWT 認証

セクション アクセス

section access も使用している場合は、以下も必要になります:

  • サーバー認証を使用するよう接続を設定する必要がある。
  • ドメイン アカウントは、Qlik NPrinting 全般設定で有効化された認証タイプと独立し、ユーザー設定で構成する必要があります。
警告: ローカル QlikView ドキュメントではセクション アクセスに十分に対応していません。セクション アクセスを使用してローカル QlikView ドキュメントに接続しても、セクション アクセスが適用されていなかったかのように、使用可能なすべてのデータがレポート受信者に表示されます。ユーザーが許可されたデータのみを受信するようにするには、Qlik NPrinting フィルターを使用するか、QlikView Server を介してドキュメントに接続する必要があります。

QlikView Cluster

QlikView Cluster への接続を作成するには、Qlik NPrinting Engine サービスを実行するユーザーは以下の条件に合っている必要があります:

  • ドメイン ユーザーである。
  • クラスターのすべてのノードの QlikView Administrator セキュリティ グループの一員である。
  • QMS を実行するコンピューターの QlikView Management API セキュリティ グループの一員である。

ライセンス

Qlik NPrinting サービスを開始し、QlikView に接続するには、次のうちのいずれかが必要になります。

  • QlikView ServerQlik NPrinting Engine サービス ユーザーのアクティブ ディレクトリ アカウントに手動で割り当てられた特定のユーザーのクライアント アクセス ライセンス (CAL)。
  • ローカルの QlikView Desktop ライセンス。

API を通じて接続するユーザーは、QlikView Management API セキュリティ グループの一員でなければなりません。グループはインストール時には作られず、手動で追加 (および生成、たとえば QlikView 管理者グループのメンバーなどで) する必要があります。

制限

同じユーザーを使用して、QlikView サービスおよび Qlik NPrinting サービスを実行することはできません。

QlikView サーバーとローカル QlikView 接続の相違点

QlikView Server に接続すると、以下の利点があります:

  • パフォーマンスの改善
  • 安定性の向上
  • セクション アクセス
  • セキュリティの強化
  • 自動データ更新 (メタデータのロードをトリガーする必要がない)