トラブルシューティング

製品サポートにトラブルを報告する前に、問題をトラブルシュートして解決するためにできることがいくつかあります。ここに示すガイダンスは、問題を理解し、起こり得るエラーと解決策の探し方を学ぶ助けになるように作られています。

サポートに電話する前に:

製品ヘルプに解決策が見つからない場合、このトピックの一般的ガイダンスに従います。

問題の理解

問題を理解することで解決策が探しやすくなることがあり、また直面しているケースをより有効に処理するための情報を Qlik サポートに伝えられるようになります。問題を理解し、可能な限り完全に説明できることを確認してから、サポート部門への連絡を行ってください:

質問事項 回答- 問題の深い理解につながることがあります
問題に遭遇したのは誰か 影響を受けたユーザーのタイプと数

グローバルな問題か、設定の問題か、コンポーネントの問題か、ユーザー設定によるものかを判定する助けになります。

操作の実行後に何が起きたか

あらゆる症状、動作、およびエラー メッセージに注意を払います。

どのコンポーネントがエラーを引き起こしたか、どのログ ファイルを使用するべきかを識別する助けになります。

問題が最初に発生したのはいつか 問題がトリガーされるのはいつか、どのようなユーザー操作やシステム動作で引き起こされるか

たとえば、スケジュールされた Qlik NPrinting タスクが失敗する、テンプレートを編集しようとしたときにエラーが送出される、あるいはドキュメント メタデータが生成されない、などです。

以前にも発生したか はいの場合、どのような頻度で発生しましたか。
問題は最初にどこで発生したか システムや環境のどこに問題が現れたかを説明します。

たとえば、Qlik NPrinting Designer のフロントエンド、またはバックエンド (スケジューラーまたはエンジン)。

考えられる原因 関連のログ ファイルを収集します。問題が発生したログ ファイルと発生していないログ ファイルを比較します。

たとえば、同じレポートの成功したタスク実行と、不成功のタスク実行を比較します。ログ ファイルの場所については個別の製品ヘルプ ページを参照してください。

ログ ファイルの使用

問題を効果的にトラブルシュートして解決するには、ログ ファイルの使用方法を理解する必要があります。また、いつデフォルト ログを使用するべきか、いつアーカイブされたログ ファイルを使用するべきかも知っている必要があります。

エラー メッセージが表示された場合、次のステップに従うと、どのコンポーネントが失敗したかを識別する助けになります:

  1. どのコンポーネントが失敗したかが示されている可能性があるので、慎重にエラー メッセージを読みます。
  2. デフォルト ログ ファイルに移動して、失敗したコンポーネントを探します。
  3. 正しいログ ファイルを見つけたら、エラーを検索して問題を識別します。

既定のログ ファイル

Qlik NPrinting では、既定設定により次のログ ファイルが C:\ProgramData\NPrinting\Logs に保存されます。

  • nprinting_scheduler.log - スケジュール済みタスクおよびスケジュール済みリロードのログ ファイル。
  • nprinting_webengine.log - アプリおよび Qlik SenseQlikView サーバーへの接続のログ ファイル、認証およびライセンスの問題に関するログ ファイル。
  • nprinting_engine.log - アプリへの接続、ライセンスの問題、およびメタデータ生成のためのログ ファイル。

Qlik NPrinting アプリケーションの問題

  • Qlik NPrinting は問題発生前に動作していましたか。
  • メタデータをリロードしましたか。

    参照:アプリの作成

  • Qlik NPrintingで、C:\ProgramData\NPrinting\Logs に移動してログ ファイルを参照します。

    参照: ログ

  • Qlik NPrinting ユーザーが適切なユーザーの権利を持つことを確認します。

    参照: 接続の作成

  • Qlik NPrinting のバージョンに、QlikView または Qlik Sense のインストールと互換性があるかどうかを確認します。

    参照: Qlik NPrinting Engine のシステム要件

その他のリソース