Qlik NPrintingQlik Sense との接続

Qlik NPrinting レポートを Qlik Sense ハブに配信することができます。Qlik NPrinting から Qlik Sense アプリへの接続を作成することもできます。Qlik Sense ハブにレポートを配布するには Qlik Sense 3.0.1 以降が必要です。Qlik Sense アプリへの接続を作成する場合は Qlik Sense 2.3 以降が必要です。

注: Qlik Sense 証明書の制約により、Qlik NPrinting は 1 度に 1 つの Qlik Sense インストール先にしか接続できません。
注: このページでは Qlik Sense サーバーへの接続方法を概説します。レポート作成のために特定の Qlik Sense アプリを Qlik NPrinting に接続したい場合には、次の項を参照してください:Qlik Sense アプリへの接続

Qlik NPrintingQlik Sense に接続するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • Qlik Sense 証明書が Qlik NPrinting Engine コンピューターにインストールされている必要があります。Qlik Sense 証明書を Qlik NPrinting コンピューター Qlik Sense 証明書のインストール にインストールするには。
  • QMC では、Qlik NPrinting EngineWindows サービスを実行する Windows ユーザーに RootAdmin 権限を割り当てる必要があります。この Windows ユーザーは、ドメイン ユーザーでもある必要があります。
  • Qlik Sense 3.1.2 以降に接続するには、Qlik NPrinting のバージョンが 17.2.1 以降である必要があります。
  • 注: Qlik Sense Desktop はサポートされません。

Qlik Sense 証明書

以下の操作を実行するには Qlik NPrinting コンピューターに Qlik Sense 証明書をインストールする必要があります:

  • Qlik NPrinting から Qlik Sense ハブにレポートを配信する。

    Qlik NPrinting から Qlik Sense ハブへレポートを配布するには、すべての Qlik NPrinting scheduler service コンピューターに証明書をインストールする必要があります。

  • Qlik NPrinting から Qlik Sense アプリに接続を作成する。

    Qlik Sense アプリへの接続を作成するには、すべての Qlik NPrinting Engine コンピューターに証明書をインストールする必要があります。

Qlik NPrinting scheduler serviceQlik NPrinting Engine が同じコンピューターにインストールされている場合は、証明書を一度だけインストールします。

Qlik Sense 証明書のインストール

Qlik Sense 証明書をインストールするための前提条件:

  • Qlik NPrinting のバージョンが 17.2.1 以降。
  • Qlik Sense 証明書 (client.pfx、server.pfx、および root.cer) が Qlik Sense QMC から Qlik Sense システム管理者によりエクスポート済み。

    注: [秘密キーを含める] チェックボックスが選択され、[証明書パスワード] フィールドが空になっていることを確認します。

    証明書をエクスポートする手順は、Qlik Sense ヘルプ サイトの「QMC を使用して証明書をエクスポートする」で説明されています。

  • 証明書が、インストール先のコンピューターのローカル フォルダーにコピー済み。
  • Qlik NPrinting scheduler service サービスの実行に使用された Windowsドメイン ユーザー アカウントを使用して、Qlik NPrinting scheduler service サービスを実行している Qlik NPrinting Server にログインする必要があります。
  • Qlik NPrinting Engine サービスの実行に使用された Windows ドメイン ユーザー アカウントを使用して Qlik NPrinting Engine にログインする必要があります。
  • Qlik NPrinting ServerQlik NPrinting Engine が同じコンピューター上にインストールされている場合、Qlik NPrinting scheduler service および Qlik NPrinting Engine サービスの実行に使用された Windows ドメイン ユーザー アカウントを使用する必要があります。
  • Qlik NPrinting サービスを実行する Windows ドメイン ユーザーは、Qlik Sense QMC で RootAdmin ユーザーである必要があります。

以下を実行します。

  1. Qlik NPrinting サービスを実行する Windows ドメイン ユーザー アカウントを使用して、Qlik NPrinting scheduler service サービスを実行する Qlik NPrinting Server、または Qlik NPrinting Engine サービスを実行する Qlik NPrinting Engine にログインします。
  2. QmcCertificatesInstaller スクリプトをダブルクリックして実行します。スクリプトは通常、次のディレクトリーにあります:C:\Program Files\NPrintingServer\Tools\QmcCertificatesInstaller
  3. 画面上のメッセージに従って証明書をインストールします。
  4. Windowsコントロール パネルを開きます。
  5. [インターネット オプション] に移動します。
  6. [セキュリティ設定の変更] をクリックします。
  7. [セキュリティ] タブをクリックします。
  8. [ローカル イントラネット] を選択します。
  9. [サイト] ボタンをクリックします。
  10. [詳細] ボタンをクリックします。
  11. リストに Qlik Sense プロキシ サーバーのフル コンピューター名 (ドメイン名を含む) を、「https://sense_プロキシ_コンピューター_名.ドメイン_名」の形式で追加します。
  12. [閉じる] をクリックします。
  13. [OK] を 2 回クリックして、[インターネット プロパティ] ウィンドウを閉じます。

セキュリティ設定の変更

Qlik NPrinting 17 以降が Qlik Sense Server に接続できるように、Qlik Sense 証明書をインストールしたコンピューターでイントラネット セキュリティの設定を変更する必要があります。

以下を実行します。

  1. Qlik NPrinting Server または Qlik NPrinting Engine がインストールされているコンピューターに、Qlik NPrinting サービスを実行する Windows ユーザーとしてログインします。
  2. [コントロール パネル] に移動します。
  3. [インターネット プロパティ] を開きます。
  4. [セキュリティ] タブに移動します。
  5. [ローカル イントラネット] をクリックします。
  6. [サイト] をクリックします。
  7. 必要に応じて、[詳細設定] をクリックします。
  8. テキスト ボックスにコンピューター名を挿入して、[追加] をクリックします。これは、Qlik NPrinting Server をセットアップするときに使用するのと同じコンピューター名です。コンピューター名は、https:// の後に Qlik Sense Server が実行されているコンピューターの名前が続きます。つまり、https://sense_proxy_コンピューター名.ドメイン名 のようになります。
  9. すべてを閉じます。

ユーザーが Qlik Sense ハブでレポートを表示するために、Qlik Sense でユーザー アクセスの割り当てをさらに行う必要はありません。