レポートセキュリティ

ユーザー、タスク、またはレポート レベルでパスワード保護を実装することにより、ユーザーが各自、該当するアクセス権のあるレポートにしかアクセスできないようにすることができます。レポートには、読み取りに対する保護、書き込みに対する保護、またはその両方を設定することができます。

要件

読み取り保護付きのレポートは、正しいパスワードがなければ開けません。書き込み保護付きのレポートは、正しいパスワードがなければ編集できません。ドキュメントには、読み取りに対する保護、書き込みに対する保護、またはその両方を設定することができます。パスワードを有効にしても、Qlik NPrinting Designer プレビューで作成されたドキュメントには影響しません。ドキュメントのパスワードは、無いままにすることもできます。

パスワードに使用できるのは、文字、数字、および次の特殊文字です: $ & + , : ; = ? @ # | ' < > . - ^ * ( ) % !

制限

Qlik NPrinting では出力ドキュメント タイプのネイティブ パスワード保護機能が使用されます。たとえば、Microsoft Word ではパスワードでドキュメントを保護することができ、Qlik NPrinting はこの機能にアクセスできます。レポートに新機能は追加されません。これは、.jpg のような一部の出力形式では、パスワードをサポートしていないためパスワードで保護できないということです。

次のレポート出力タイプをパスワードで保護できます。元のテンプレート タイプは関係ありません。

  • .ppt, .pptx
  • .doc, .docx
  • .xls, .xlsx, .xlsm
  • .pdf

参照先: レポート出力形式

サイクル化したレポートをパスワードで保護すると、レポートはパスワードで保護されますが、.zip 形式のアーカイブは保護されません。

パスワードで保護されたレポートは NewsStand では異なる形で表示されます。読み取り保護されたレポートには、通常のサムネイルの代わりに、既定のプレースホルダー画像が表示されます。NewsStand のプレビュー機能はこれらのドキュメントでは動作しません。クリックすると、ブラウザのダウンロード プロンプトが表示されます。

パスワードを管理するための自動化されたメカニズムはありません。例えば、会社のポリシーで 90 日ごとにユーザーパスワードを変更する場合は、手動で変更するか、新しいユーザー インポート タスクを実行する必要があります。

ユーザー レベルのパスワードの追加

ユーザーは、ユーザー レベルのパスワード保護が割り当てられたレポートにアクセスするこれらのパスワードを使用できます。これらのパスワードは、Qlik NPrinting web console または NewsStand にログインするために使用されたパスワードとは異なります。

以下を実行します。

  1. 一番上のメニューから [管理] をクリックし、[ユーザー] を選択します。
  2. パスワードを割り当てるユーザーを選択するか、新しいユーザーを作成します。
  3. [レポート セキュリティ] の下で、[読み取りパスワード]、[書き込みパスワード]、またはその両方を入力します。
  4. [保存] をクリックします。

選択されたユーザーは、割り当てられたユーザー パスワードでレポートにアクセスできるようになりました。

また、ユーザーをインポートする際にユーザー パスワード設定を構成することもできます。「」を参照してください。「ユーザーのインポート」を参照してください。

タスク レベルのパスワードの追加

同じ公開タスク内の各ドキュメントには、同じパスワード セットを使用してアクセスできます。これらのパスワードを持つユーザーはみな、タスクに付随するすべてのレポートを開くことができます。

以下を実行します。

  1. 一番上のメニューから、[タスク] をクリックして [タスクの公開] を選択します。
  2. パスワードで保護するタスクを選択するか、新しいタスクを作成します。
  3. [レポート セキュリティ] の下で、[読み取りパスワード]、[書き込みパスワード]、またはその両方を入力します。
  4. [保存] をクリックします。

このタスクに関連するすべてのレポートがパスワードで保護されるようになりました。

レポート レベルのパスワードの追加

レポートには特定のパスワードの組み合わせがあります。

以下を実行します。

  1. 一番上のメニューから、[タスク] をクリックして [タスクの公開] を選択します。
  2. パスワードで保護するレポートを含むタスクを選択します。
  3. [レポート] タブをクリックします。パスワードで保護するレポートを選択するか、新しいレポートを追加します。
  4. [レポート セキュリティ] の下で、ドロップダウン リストから [パスワード保護] をクリックします。以下から選択してください。
    • パスワード無し: レポートは誰でも開いて編集できます。
    • ユーザー パスワード: ユーザー パスワードを入力すれば、レポートを開いて編集できます。
    • タスクパスワード: タスク パスワードを入力すれば、レポートを開いて編集できます。
    • 次のパスワードを使用: レポートに特定のパスワードを入力することで、レポートを開いて編集することができます。

      このオプションを選択すると、レポート レベルのパスワードを指定するよう求められます。

  5. [保存] をクリックします。

この個別のレポートはパスワードで保護されました。