エンティティの管理

Qlik NPrinting Server 内のすべての既存のオブジェクトはエンティティと呼ばれます。たとえば、タスク、ユーザー、グループ、接続、フィルター、アプリ、およびレポートはすべてエンティティです。

単一エンティティの編集

エンティティの編集には 2 つのオプションがあります。

  • エンティティ名をクリックします。
  • [アクション] 列の [V] をクリックして [編集] を選択します。

編集を行った上で保存します。

単一エンティティの削除

エンティティの削除には 2 つのオプションがあります。

  • [アクション] 列の [V] をクリックして [削除] を選択します。
  • エンティティの名前をクリックしてから、右上隅にある [Ö] をクリックします。
注:

削除を元に戻すことはできません。エンティティを削除すると、それに依存しているすべてのエンティティも削除されます。たとえば、アプリを削除すると、そのアプリに依存しているすべての接続やタスクなども削除されます。

エンティティの有効化または無効化

[有効] 列のチェック ボックスをクリックすると、1 つのエンティティを有効化または無効化できます。

Qlik NPrinting Scheduler は無効化されたエンティティを無視します。

複数のエンティティの管理

フィルター、ユーザー、およびタスクの公開を操作する際には、同時に複数のエンティティを有効化、無効化、または削除できます。

以下を実行します。

  1. 管理対象のエンティティ名の左側にあるチェック ボックスを選択します。

    すべて選択するには一番上、または一番下のチェック ボックスを選択します

  2. [アクションの選択] をクリックしてから、実行するアクションを選択します。
  3. [進む] をクリックします。

特別なアクション

一部のエンティティには、有効化、無効化、削除以外の特別なアクションがあります。

  編集 メタデータのリロード 今すぐ実行 表示 コピー
アプリ x        
接続 x x      
フィルター x        
レポート x        
タスクの公開 x   x    
タスクのインポート x   x    
ユーザー x        
グループ x        
ロール x     x x
システム ロール       x x
エンジン x