メイン コンテンツをスキップする Skip to complementary content

QlikEntity レポートの作成

ビジュアライゼーションは QlikView および Qlik Sense から .pdf または画像ファイルとして配信できます。

QlikEntity レポートにフィルターを追加できます。これらは .pdf または画像ファイルであるため、Qlik NPrinting Designer でエンティティ レポートを編集またはプレビューすることはできません。

アウトプット形式

可能な出力は、レポートおよびオブジェクトに応じて異なります。

  • QlikView レポート:.pdf または .tiff
  • QlikView オブジェクト (チャート、シート、またはテキスト ボックスなど):.bmp, .gif, .jpeg, .csv, .skv, .tab、および .png

    オブジェクトが QlikView で印刷可能な場合は、次の形式でもエクスポートできます:.pdf または .tiff

  • Qlik Sense オブジェクト.bmp, .gif, .jpeg, .csv, .skv, .tab、および .png

参照先:レポート出力形式Qlik オブジェクトの操作

新規 QlikEntity レポートの作成

以下を実行します。

  1. Qlik NPrinting メイン メニューで [レポート] を選択してから、[レポートの作成] をクリックします。
  2. レポートに [タイトル] を入力します。
  3. [タイプ] ドロップダウン リストから [QlikEntity] を選択します。

    関連するフィールドが表示されます。

  4. [アプリ] ドロップダウン リストからアプリを選択します。
  5. [接続] を選択します。
  6. [Qlik object id] ドロップダウン リストを開き、オブジェクトを選択します。
  7. [有効] チェック ボックスは選択されたままにします。

    チェック ボックスを選択解除すると、このレポートが Qlik NPrinting スケジューラー サービス から無視されます。

  8. 以下の選択はオプションです。
    • On-Demand と API レポートの生成を有効にする: オンデマンド を使用してレポートを作成できます。参照先: オンデマンド レポート
    • サイクルの有効化: レポートをサイクル化できます。参照先: レポートのサイクル化
    • 動的命名を有効にする: レポートでカスタム名を動的に生成できます。参照先: 動的レポート名
  9. [作成] をクリックします。

レポートを発行タスクに追加する準備ができました。参照先:公開タスクの作成

詳細を見る