メイン コンテンツをスキップする

Excel レポートの作成

このチュートリアルでは、2 つのテーブルと 1 つの画像を含む新しい Excel レポート テンプレートを作成します。[ページ] 機能を使用して、フィールドの値ごとに新しいワークシートを作成します。

注: Ctrl キーまたは Shift キーを押したままにすると、複数のオブジェクトや値を選択することができます。たとえば、リストからオブジェクトを追加するときや、テンプレートにたくさんの列をドラッグ アンド ドロップしたりするときに複数のオブジェクトを選択できます。

内容

次を行います:

  1. 新しい Excel レポート テンプレートを作成します。
  2. テーブル オブジェクトを追加します。
  3. 列ごとにカスタム テーブルを作成します。
  4. オブジェクトを画像として追加します。
  5. [ページ] 機能を使用して、異なる営業所ごとに新しいワークシートを生成します。

このチュートリアルでは、サンプル ファイル にある QlikView データを使用します。独自の QlikView または Qlik Sense データを使用することもできます。

新しい レポート テンプレートの作成Excel

以下を実行します。

  1. Qlik NPrinting メイン メニューで [レポート] を選択してから、[レポートの作成] をクリックします。
  2. レポートに [タイトル] を入力します。
  3. [タイプ] ドロップダウン リストから [Excel] を選択します。
  4. [アプリ] ドロップダウン リストからアプリを選択します。
  5. 利用可能なオプションから [テンプレート] を選択します。

  6. [有効] チェック ボックスは選択されたままにします。これをオフにすると、レポートは保存されますが、スケジューラーによって無視されます。
  7. [作成] をクリックしてレポートを作成します。
  8. [テンプレートの編集] をクリックして [テンプレート エディター] を開きます。

テーブルの追加

以下を実行します。

  1. [] ノードを右クリックし、[オブジェクトの追加] を選択します。
  2. オブジェクト リストから [国別売上高] を選択します。[OK] をクリックします。
  3. [CH304 - Sales by Country] タグを空のセルにドラッグ アンド ドロップします。

    Excel report template with one table added to the sheet.

テーブル全体の書式設定のカスタマイズ

これにより、テーブルのすべての列のすべてのセルの内容が QlikView または Qlik Sense から書式設定なしでエクスポートされます。Excel リボンを使用して新しい書式設定を適用できます。

以下を実行します。

  1. 左側のペインで、カスタマイズするテーブルを選択します。
  2. プロパティ ペインに移動します。
  3. [Keep Source Formats] チェック ボックスのチェックを外します。

    Keep source formats box in Properties pane.

  4. Excel リボンを使用してテーブルをカスタマイズします。

    たとえば、フォント サイズや色を変更します。

列ごとのテーブルの追加

列を個別に追加して、カスタム テーブルを作成できます。それらは、オリジナル Qlik Sense または QlikView テーブルと同じ順序である必要はありません。

以下を実行します。

  1. [CH304 - Sales by Country] ノードを展開します。

    注: オブジェクトがストレート テーブルまたはテーブル ボックスである場合にのみ、ノードを展開して列ノードを表示できます。+ が表示されない場合は、ピボット テーブルまたは計算列を含むストレート テーブルを追加しました。
  2. 列タグを 1 つずつセルにドラッグ アンド ドロップします。

    こうすることで選択された各列に対し 1 つのタグがタイトルと共に書式設定可能なテキスト セルとして作成されます。

    タグを Excel テンプレート内で移動することで、列の順番を変更することが可能です。

テーブルの特定の列の書式設定をカスタマイズ

ほとんどの列に対して元の書式設定を保持する場合は、テーブル全体としては [Keep Source Formats] ボックスをオンのままにします。個々の列で Keep Source Formats を無効にすることができます。これにより、選択した列のすべてのセルの内容が QlikView または Qlik Sense から書式設定なしでエクスポートされます。Excel リボンを使用して書式設定を適用できます。

以下を実行します。

  1. 左側の [+] をクリックして、テーブルノードを展開します。

  2. カスタマイズする列を選択します。
  3. [プロパティ] ペインで、[Keep Source Formats] チェック ボックスのチェックを外します。
  4. テンプレートの列を選択し、必要に応じて書式設定を適用します。

    Excel report template with two tables added to the sheet.

画像の追加

以下を実行します。

  1. [画像] ノードを右クリックし、[オブジェクトの追加] を選択します。
  2. オブジェクト リストから [国別売上高] を選択します。[OK] をクリックします。
  3. テーブルの下の任意のセルに [CH304_1 - Sales by Country] タグをドラッグ アンド ドロップします。

    Excel report template with two tables and an image added to the sheet.

レポートのプレビュー

以下を実行します。

  1. [プレビュー] をクリックします。

    Excel が起動してレポートを表示します。

  2. 1 つのシートの Excel レポートが表示されます。そのシートは、画像、テーブル、および列ごとに追加されたテーブルと同じ Qlik オブジェクトを持ちます。

    Preview in Excel showing how generated report will look.

  3. プレビュー ウィンドウを閉じます。

[ページ] の適用

ページ ノードを使用すると、フィールドの値ごとに個別のワークシートを含むレポートを作成できます。たとえば、営業所ごとに異なるワークシートがあります。

以下を実行します。

  1. 左パネルの [ページ] ノード アイコンを右クリックします。
  2. [ページを現在のシートに追加] を選択します。
  3. リストから [SalesOffice] を選択します。[OK] をクリックします。
  4. 左側の [+] をクリックして、SalesOffice ページ ノードを展開します。
  5. SalesOffice ノード タグをテンプレートのセルにドラッグします。

    Excel 書式設定機能を使用してセルの書式を設定できます。

  6. ワークシート名が下部のタブで <SalesOffice_Page> に変わります。レポートが生成されると、これは各ワークシートの関連する値に置き換えられます。

    テキストを追加して、ワークシート名を編集できます。例: <SalesOffice_Page> office

    Excel template with Pages feature added to workbook.

これで、レポートは営業所ごとに異なるワークシートで作成されます。

プレビューと保存

以下を実行します。

  1. [プレビュー] をクリックします。
  2. タイトル、2 つのテーブル、および画像として営業所を含むレポートが表示されます。各オフィスに 1 つずつ、いくつかのワークシート タブがあります。

    Preview in Excel showing how generated report will look.

  3. [保存して閉じる] をクリックしてテンプレートを保存し、[テンプレート エディター] を閉じます。
注: 生成されたレポートでセルが選択されるのを避けるため、保存してテンプレート エディターを閉じる直前にレポート要素から離れたところにあるセルを選択してください。