メイン コンテンツをスキップする

ポート

Qlik NPrinting では以下の伝送制御プロトコル (TCP) のポート番号を使用します。

セキュリティ

  • QlikView ポートは暗号化されません。これらは標準の QlikView ポートです。

  • データベース接続は、ローカル接続のみになるように構成されています。例えば、同じコンピューターで実行されている PostgreSQL インスタンスにのみ接続できます。 PostgreSQL 構成は変更しないでください。

  • ファイアウォール ルールでは、webengine への外部アクセスを閉じる必要があります。

  • 証明書交換の接続はプレーン テキストですが、メッセージ自体は暗号化されています。

既定のポート

既定のポート
TCP ポート

セキュリティ

 

説明
443 TLS Qlik Sense ハブ リッスン ポート。Qlik NPrinting ライセンス サービスのバックエンドに使用するためにも使用されます。
2727 TLS ウェブ レンダラーをレポートするための Websocket プロキシ。
4242 TLS Qlik Sense Repository Service (QRS) REST API リッスン ポート。詳細については、QRS API への接続 (英語のみ)を参照してください
4243 TLS Qlik Sense Proxy Service (QPS) REST API リッスン ポート。詳細については、QPS API URL (英語のみ) を参照してください
4730 プレーン テキスト QlikView DSC サービス ポート、QlikView Server (QVS) 上で常時オープン。
4747 TLS Qlik Sense Engine Service (QES) リッスン ポートおよび QlikView Server (QVS)。
4799 プレーン テキスト QlikView Management Service (クラスター用のみ)。
4992 プレーン テキスト、ローカル接続のみ リポジトリ サービス。
4993 TLS Qlik NPrinting web console プロキシ。HTTPS プロトコルを使用。
4994 TLS NewsStand プロキシ。HTTPS プロトコルを使用。
4995 プレーン テキスト、ローカル接続のみ Windows 認証サービス。エンドユーザーのコンピューターでこのポートをオープンにする必要はありません。
4996 プレーン テキスト ウェブ エンジン サービス。
4997 プレーン テキスト エンジン TLS 証明書交換サーバー。
4998 TLS Qlik NPrinting ライセンス サービス。
5672 TLS Qlik NPrinting messaging service.
15672 プレーン テキスト Qlik NPrinting messaging service 管理プラグイン。これは既定で無効になっており、リスナーをアクティブにするには手動による介入が必要です。このサービスは、デバッグまたはサポートのためにのみ有効にする必要があります。

ファイアウォールのルール

最小限のファイアウォール ルール
TCP ポート Qlik NPrinting Server Qlik NPrinting Engines ノート
4993 受信 - -
4994 受信 - -
4996 受信をブロック、ループバックは許可 - ループバック インターフェースでのみ待ち受けを許可。
4997 送信 受信 -
4998 ループバックを許可 - Qlik NPrinting Server のループバック インターフェースのトラフィックを許可する必要があります。
5672 ループバックを許可 - Qlik NPrinting Server のループバック インターフェースのトラフィックを許可する必要があります。
5672 受信 送信 Qlik NPrinting scheduler serviceQlik NPrinting Engine が異なるマシンにインストールされている場合。
QlikView の接続ルール
TCP ポート Qlik NPrinting Engines QlikView Server QlikView Management Server ノート
4730 送信 受信 - -
4747 送信 受信 - -
4799 送信 - 受信 クラスターが使用されている場合のみ。
Qlik Sense の接続ルール
TCP ポート Qlik NPrinting Engines Qlik Sense Server
443 送信 受信
4242 送信 受信
4243 送信 受信
4747 送信 受信
Qlik Sense ハブの接続ルールにレポートを発行する
TCP ポート Qlik NPrinting Server Qlik Sense Server
443 送信 受信
4242 送信 受信
4243 送信 受信
4747 送信 受信

既定のポートの変更

既定では、Qlik NPrinting web console はポート 4993 に設定されています。NewsStand はポート 4994 に設定されています。これらは webengine.config ファイルを編集することで変更できます。このファイルは、通常は次の場所にあります。C:\Program files\NPrintingServer\NPrinting\Webengine\Qlik.NPrinting.Webengine.config

警告: .config ファイルを編集する前に、Qlik NPrinting リポジトリのバックアップを必ず実行してください。詳しくは、「Qlik NPrinting のバックアップ」を参照してください。

以下を実行します。

  1. Qlik NPrinting web engine サービスを停止します。
  2. テキスト エディターで webengine.config ファイルを開きます。
  3. 次の文字列を、望ましいポートの値で更新します。
    • <add key="webconsole-proxy-port" value="4993" />
    • <add key="newsstand-proxy-port" value="4994" />
  4. ファイルを保存します。
  5. Qlik NPrinting web engine サービスを起動します。

Workflows showing different inbound and outbound port combinations.

ポート管理の詳細については、 Microsoft Windows ヘルプを参照してください。