メイン コンテンツをスキップする

ライセンス サービス プロキシのセットアップ

Qlik NPrinting ライセンス サービスとライセンス バックエンド間の通信をプロキシで処理できます。

Qlik NPrinting ライセンス サービスは Qlik NPrinting February 2020 以降のリリースに含まれており、Qlik NPrinting が署名済みキー ライセンスを使用してアクティブ化されるときに使用されます。Qlik NPrinting ライセンス サービスは、ライセンスに関する情報を保存し、Qlik によってホストされるライセンス バックエンド サービスと通信して、製品のアクティベーションと権限管理を行います。ポート 443 は、ライセンス バックエンド サービスへのアクセスとライセンス情報の取得に使用されます。

Qlik NPrinting マルチノード展開では、Qlik NPrinting ライセンス サービスはすべてのノードにインストールされます。Windows マシンで実行されているサービスのリストにリストされている Qlik NPrinting サービス ディスパッチャーを開始および停止することにより、Qlik NPrinting ライセンス サービスのステータスを管理できます。

Qlik NPrinting February 2020 以降では、Qlik NPrinting ライセンス サービスと Qlik ライセンス バックエンド間の通信をプロキシで処理するように構成できます。

Qlik NPrinting では、Qlik NPrinting ライセンス サービスのプロキシの設定は、コマンド ライン パラメータを使用して行われます。HTTP スキームと HTTPS スキームの両方がサポートされています。

以下を実行します。

  1. デフォルトで次の場所にある service.conf ファイルに移動します。
  2. %Program Files%\NPrintingServer\NPrinting\License\license.config

  3. 次の行を見つけて、コメントを外します。
  4. <!-- <add key="proxy-uri" value="https://localhost:8888" /> -->

  5. 値属性をプロキシ アドレス <add key="proxy-uri" value="https://example.com:8080" /> に変更します。
  6. ファイルを保存して閉じます。
  7. Qlik NPrinting ライセンス サービスを再起動します。